意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「猛練習」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「猛練習」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「猛練習」という言葉を使った例文や、「猛練習」の類語を紹介して行きます。

猛練習

Meaning-Book
「猛練習」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「猛練習」とは?
  • 「猛練習」を使った例文や短文など
  • 「猛練習」の類語や類義語・言い換え


「猛練習」とは?

「猛練習」という言葉を知っているでしょうか。

「猛練習に明け暮れた」という経験があるかもしれません。

一方で、「猛練習」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「猛練習」という言葉の意味を紹介します。

  • 「猛練習」の読み方
  • 「猛練習」の意味

「猛練習」の読み方

「猛練習」「もうれんしゅう」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「猛練習」「もうれんしゅう」と読みましょう。

「猛練習」の意味

「猛練習」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「猛練習」には、「大変な意気込みで練習すること」という意味があります。

「猛練習に明け暮れる」という言葉には、大変な意気込みで、朝から晩まで練習するという意味があります。

このように、「猛練習」という言葉には、「大変な意気込みで練習すること」という意味があります。



「猛練習」を使った例文や短文など

続いて「猛練習」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「猛練習」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「猛練習」を使った例文1
  • 「猛練習」を使った例文2

「猛練習」を使った例文1

「試合を目前にして、泊まり込みで『猛練習』する」

この例文のように、スポーツ経験がある人は、泊まり込みで練習したことがあるかもしれません。

いわゆる「合宿」では、泊まり込みで、大変な意気込みで練習することになります。

このような気合の入った練習を「猛練習」と呼びます。

「猛練習」を使った例文2

「『猛練習』の成果が出て、ホームランが打てた」

この例文は、野球の練習を、大変な意気込みでやった結果、ホームランが打てたという文章になります。

大人になっても草野球に夢中になる人がいて、週末などに「猛練習」をして、ホームランを打とうと思っているかもしれません。

「猛練習」の類語や類義語・言い換え

「猛練習」の類語や類似表現を紹介します。

「猛練習」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「特訓」【とっくん】
  • 「修行」【しゅぎょう】

「特訓」【とっくん】

「特訓」には「能力を向上させるため、短期間に平素の量や、内容を越えてする、特別な訓練」という意味があります。

「特訓の成果を見せる」「特訓して習得した技を出す」などという使い方をします。

「修行」【しゅぎょう】

「修行」には、「学問や技芸を磨くために、努力して学ぶこと」という意味があります。

「武術における修業をする」「学問の上達のため、修行する」などという使い方をします。



icon まとめ

「猛練習」という言葉について見てきました。

大変な意気込みで練習する時、「猛練習」という言葉を使ってみましょう。