意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手招く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手招く」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「手招く」という言葉の理解を深めていきましょう。

手招く

Meaning-Book
「手招く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手招く」の意味
  • 「手招く」の表現の使い方
  • 「手招く」を使った例文と意味を解釈
  • 「手招く」の類語や類義語


「手招く」の意味

「手招く」とは、相手に自分側に来るようにと、手振りなどを使って招くことを言います。

  • 「手招く」の読み方

「手招く」の読み方

「手招く」の読み方は、「てまねく」になります。



「手招く」の表現の使い方

「手招く」を使った表現を紹介します。

「手招く」とは手を使って「こちらへおいで」と意思表示することを言います。

単純に動作として言う場合もありますが、深読みしますと、自分側へ手なずける、自分の味方にするように呼び寄せるといった意味合いでも使うことはあります。

例えば「彼は自分のプロジェクトチームに彼女を手招くことにした」「彼女は、自分にとって都合がいい人ばかりを手招く」という風に使いますと、ただ純粋に手を振って「こちらへおいで」と誘っているわけではないということがわかるかと思います。

単純な「手招く」の場合は「父が、向こうから手招くので慌てて戻ることにした」「ほら、こっちよと彼女が手招く」などと使います。

「手招く」を使った例文と意味を解釈

「手招く」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手招く」を使った例文1
  • 「手招く」を使った例文2

「手招く」を使った例文1

「母は客が来ることを好む性格で、普段から気軽に人を手招くところがあるが、僕は落ち着かないのでちょっと迷惑に感じている」

「手招く」とは、手を使ってこちらへ来るようにと合図することですが、人を自分のいる場所へ誘うということでもあります。

例文は、母は人を招くことが好きだが、自分は落ち着かないと言っているのです。

「手招く」を使った例文2

「彼女が手招くので行ってみると、そこには可愛い子猫がいた」

「手招く」とはこちらへ来なさいと手を使って言うことです。

「おいで、おいで」と手を自分側に向けて振るような仕草のことです。

例文は手でこちらへ来てと言うので言われた所へ行ったということを言い表しているのです。



「手招く」の類語や類義語

「手招く」の類語や類義語を紹介します。

  • 「呼び寄せる」【よびよせる】
  • 「召集する」【しょうしゅうする】
  • 「来なさいとジェスチャーする」【きなさいとじぇすちゃーする】

「呼び寄せる」【よびよせる】

「呼び寄せる」とは、相手を呼び、自分の側に来させることを言います。

「父は、ちょっとしたことで人を呼びよせる」「気に入った者を社に呼び寄せることにした」などと使います。

「召集する」【しょうしゅうする】

「召集する」とは人を呼びだして集めることを言います。

「社長は酔うと、自宅に社員を召集する癖がある」「すぐに、召集するように」という風に使います。

「来なさいとジェスチャーする」【きなさいとじぇすちゃーする】

「来なさいとジェスチャーする」とは、来なさいという身振り、手振りをすることを言います。

一般的には手を振るということです。

「来なさいとジェスチャーするが、彼女は気づかない」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「手招く」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。