意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手招き」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手招き」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「手招き」という言葉を使った例文や、「手招き」の類語を紹介して行きます。

手招き

Meaning-Book
「手招き」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手招き」とは?意味
  • 「手招き」の表現の使い方
  • 「手招き」を使った例文や短文など
  • 「手招き」の類語や類義語・言い換え


「手招き」とは?意味

「手招き」とは?意味

「手招き」には、「手先を招き猫のように上下に振って、こちらに来るよう招くこと」という意味があります。

  • 「手招き」の読み方

「手招き」の読み方

「手招き」の読み方は、「てまねき」になります。



「手招き」の表現の使い方

「手招き」の表現の使い方

「手招き」の表現の使い方を紹介します。

「手招き」は、「手先を招き猫のように上下に振って、こちらに来るよう招くこと」を意味します。

そこで、手先を振って、誰かがこちらに来るように合図する時、「手招き」を使ってみましょう。

例えば、道路の向こう側に知り合いがいる時、こちらに来るよう、合図したくなるかもしれません。

声を出して呼んでも道路の向こうにいるため気付かないかもしれないし、また大声で呼ぶのは恥ずかしいかもしれないためです。

このような時、「道路の向こうの知り合いに、手招きして呼び寄せる」などと、「手招き」を使った文章にしてみましょう。

「手招き」を使った例文や短文など

「手招き」を使った例文や短文など

「手招き」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手招き」を使った例文1
  • 「手招き」を使った例文2

「手招き」を使った例文1

「母親が『手招き』すると、子供が嬉しそうに母の元へ走って行く」

この例文は、母親が手先を上下に振って、合図すると、子供が気付いて嬉しそうに走って行くという場面になります。

このように「手招き」は、「手先を招き猫のように上下に振って、こちらに来るよう招くこと」を意味します。

親になついている子供は、いつも親の近くに痛いと思っているため、「手招き」すれば、走ってくるかもしれません。

「手招き」を使った例文2

「他の人に気付かれないように、彼氏を『手招き』する」

この例文は、他の人に気付かれないよう、彼氏だけにこちらに来るよう、手先を上下に振って合図したという場面になります。

例えば、学生が夏祭りに出掛けた時、友達や両親に気付かれないよう、「手招き」し、恋人と二人きりになるかもしれません。



「手招き」の類語や類義語・言い換え

「手招き」の類語や類義語・言い換え

「手招き」の類語や類似を紹介します。

  • 「呼び出し」【よびだし】
  • 「招き寄せる」【まねきよせる】

「呼び出し」【よびだし】

「呼び出し」には「呼び出し召喚すること」という意味があります。

「生徒を呼び出し、説教をする」という文章には「生徒を呼び出して、説教する」という意味があります。

「会社から呼び出しがかかる」「呼び出しの電話を掛ける」といった使い方をします。

「招き寄せる」【まねきよせる】

「招きよせる」「手招きなどして、近くに呼びよせること」を意味します。

「友達を招きよせる」「生徒を招きよせる」などという使い方をします。

icon まとめ

「手招き」という言葉について見てきました。

手先を上下に振って、こちらに来るよう、合図することを、一言で言い表したい時、「手招き」という言葉を使ってみましょう。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。