意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「直接行く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「直接行く」という表現は「明日は、会社に寄らずに顧客のところへ直接行きます」などの文章で使われますが、「直接行く」にはどのような意味があるのでしょうか?

「直接行く」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

直接行く

Meaning-Book
「直接行く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「直接行く」の意味
  • 「直接行く」の表現の使い方
  • 「直接行く」を使った例文と意味を解釈
  • 「直接行く」の類語や類義語


「直接行く」の意味

「直接行く」という表現は、「途中で他の場所(地点)には寄らずに、まっすぐにある目的地(場所)に向かうこと」を意味しています。

「直接行く」というのは、「他の場所に立ち寄らず、ストレートに(ダイレクトに)目的地に向かうこと」を意味している表現なのです。

  • 「直接行く」の読み方

「直接行く」の読み方

「直接行く」の読み方は、「ちょくせついく」になります。



「直接行く」の表現の使い方

「直接行く」の表現の使い方を紹介します。

「直接行く」の表現の使い方は、「他の地点に立ち寄ることなく、まっすぐ目的とする場所に向かう時」に使うという使い方になります。

例えば、「お店に直接行くので、そんなに時間はかかりません」といった文章で使うことができます。

「直接行く」を使った例文と意味を解釈

「直接行く」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「直接行く」を使った例文1
  • 「直接行く」を使った例文2

「直接行く」を使った例文1

「今の時間からだと、面接の場所に直接行かないと間に合わない恐れがあります」

この「直接行く」を使った例文は、「面接の場所に、他のところに寄らずにまっすぐ向かわないと」の意味合いで、「直接行く」の表現を使っています。

「直接行く」を使った例文2

「ここからその荷物の受け取り場所まで直接行く予定なので、一時間後には受け取れると思います」

この「直接行く」を使った例文は、「直接行く」の表現を、「ここからその荷物の受け取り場所まで、どこにも寄らずまっすぐ向かう予定なので」という意味を持つ文章で使用しています。



「直接行く」の類語や類義語

「直接行く」の類語や類義語を紹介します。

  • 「直に行く」【ちょくにいく】
  • 「寄り道せずに行く」【よりみちせずにいく】

「直に行く」【ちょくにいく】

「直に行く」という表現は、「他の場所に立ち寄ることなく、ストレートにその目的地へと向かうこと」を意味しています。

その意味合いから、「まっすぐに目的地へ向かうこと」を示す「直接行く」とほとんど同じ意味を持っている類語(シソーラス)として、「直に行く」の表現を上げることができます。

「寄り道せずに行く」【よりみちせずにいく】

「直接行く」という表現は、「他の場所・地点に寄り道することなく、ストレート(ダイレクト)に目的地へと向かうこと」を意味しています。

この意味から、「直接行く」とよく似た類似の意味を持っている類義語として、「寄り道せずに行く」という表現を指摘できるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「直接行く」の表現には、「他の場所には立ち寄らずに、まっすぐにある目的地(場所)に向かうこと」などの意味があります。

「直接行く」の類語・類義語として、「直に行く」「寄り道せずに行く」などがあります。

「直接行く」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。