意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「伝統を重んじる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「伝統を重んじる」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「伝統を重んじる」という言葉の理解を深めていきましょう。

伝統を重んじる

Meaning-Book
「伝統を重んじる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「伝統を重んじる」の意味
  • 「伝統を重んじる」の表現の使い方
  • 「伝統を重んじる」を使った例文と意味を解釈
  • 「伝統を重んじる」の類語や類義語


「伝統を重んじる」の意味

「伝統を重んじる」とは、集団、組織、社会といった場において、昔から伝えられている物事、習慣を大切にするという意味になります。

  • 「伝統を重んじる」の読み方

「伝統を重んじる」の読み方

「伝統を重んじる」の読み方は、「でんとうをおもんじる」になります。



「伝統を重んじる」の表現の使い方

「伝統を重んじる」を使った表現を紹介します。

「伝統を重んじる」とは、ある集団、組織の中に、昔から根付いている習慣、受け継がれた歴史などを大切に取り扱っていること、軽く見ていないことを表す言葉です。

「私の母校は、伝統を重んじる校風で、今時ではない行事なども割とあった」「あなた方が、結成当時からの伝統を重んじるのは結構だが、私は脱退させてもらう」「伝統を重んじるあまり、若い世代に敬遠されていることに気づいていない」などと使います。

古くからの習慣、受け継がれてきた物事などを大切にするという意味がある一方で、会話や文章では、窮屈さ、現代的ではないといった批判的な意味合いで使われることもあります。

前後にある言葉、流れを見て、いい意味合いなのかどうかを判断するようにしましょう。

「伝統を重んじる」を使った例文と意味を解釈

「伝統を重んじる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「伝統を重んじる」を使った例文1
  • 「伝統を重んじる」を使った例文2

「伝統を重んじる」を使った例文1

「彼らはこの会の伝統を重んじているが、若い世代にとっては押しつけがましくなっていることも事実である」

ある集団、組織の歴史、ずっと繰り返されてきた物事を大事にしていることを「伝統を重んじる」と言い表します。

例文は伝統を大切にすることが、今の若い世代には負担になっている面もあるということを言っているのです。

「伝統を重んじる」を使った例文2

「僕が勤めている会社は、伝統を重んじる社風なので、新しいことを取り入れるとは思えない」

社風などが、古くから伝わっているやり方を守っていることを「伝統を重んじる」という言い方で表します。

しかし逆から考えればそれは新しいことを取り入れていないということでもあります。



「伝統を重んじる」の類語や類義語

「伝統を重んじる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「伝統を受け継ぐ」【でんとうをうけつぐ】
  • 「保守的」【ほしゅてき】

「伝統を受け継ぐ」【でんとうをうけつぐ】

「伝統を受け継ぐ」とは、前の人からの仕事、習慣、志などを引き継ぐこと、続けていくことを言います。

「古くからの伝統を受け継ぐ」「伝統を受け継ぎ、守っていきたい」などと使います。

「保守的」【ほしゅてき】

「保守的」とは古くからの習慣、制度、考えなどを大切にして、改革には前向きではない、そのような傾向にあることを言います。

「親父は保守的なのでわかってくれないと思う」「その考え方は保守的と言うか、ちょっと古過ぎるんじゃないか」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「伝統を重んじる」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。