意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「猛者揃い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

小説や物語などで「猛者揃い」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

猛者揃い

Meaning-Book
「猛者揃い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「猛者揃い」の意味
  • 「猛者揃い」の表現の使い方
  • 「猛者揃い」を使った例文と意味を解釈
  • 「猛者揃い」の類語や類義語


「猛者揃い」の意味

「猛者揃い」の意味は以下の2つです。

1つ目は「体力的に優れた人が集まっていること」という意味で、体育会系などで運動能力が優れていたり、筋力がある人達の集団のことを言います。

2つ目は、「ある分野において優れた能力があり、精力的に活動する人達が集まっていること」という意味で、優秀な人達が選ばれてチームとなっている状態を言います。

  • 「猛者揃い」の読み方
  • 「猛者揃い」を分解してい解釈

「猛者揃い」の読み方

「猛者揃い」の読み方は、「もさぞろい」「もうさぞろい」になります。

「猛者」「もうじゃ」と読み間違わない様にしましょう。

「猛者揃い」を分解してい解釈

「猛者揃い」「猛者+揃い」で成り立っています。

平安時代の終わり頃から使われていました。

意味は「勇敢な人」「威厳や徳のある人」「有能な人」「富裕層の人」という、男性をほめる言葉であり、「男の中の男」として使われているうちに「荒っぽい人」という意味でも使われる様になったのです。

「揃い」は単独では「そろい」と読み、動詞「揃う」の名詞形です。

意味は「欠けた所がない」「洋服の色柄などが同じである」の他に、動詞に付いて「全体がそればかりである」「皆~である」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「皆勇敢で荒っぽい人ばかである」「皆有能な人ばかりである」という意味で使われています。



「猛者揃い」の表現の使い方

「猛者揃い」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 男性に対して使われる

文法的な使い方

「猛者揃い」は名詞で、文末に使う時には動詞を伴って「猛者揃いだ・である」になります。

副詞として使う時には「猛者揃いで」になります。

男性に対して使われる

「猛者揃い」は、武勇のある人や能力が高い人、或いはちらも兼ね備えた男性に対して使われます。

女性に対しては使われません。

「猛者揃い」を使った例文と意味を解釈

「猛者揃い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「猛者揃い」を使った例文1
  • 「猛者揃い」を使った例文2

「猛者揃い」を使った例文1

「決勝戦の相手は猛者揃いのチームだ」

スポーツの決勝戦で、相手チームのメンバーが全員非常に能力があり強いことを表しています。

「猛者揃い」を使った例文2

「猛者揃いの営業マンばかりで競争が激しい会社だ」

非常に優秀で勢いのある営業マンが集まっていて、常に競争を強いられている様子を表しています。



「猛者揃い」の類語や類義語

「猛者揃い」の類語や類義語を紹介します。

  • 「強者揃い」【つわものぞろい】
  • 「精鋭揃い」【せいえいぞろい】

「強者揃い」【つわものぞろい】

「非常に強い兵士や勇士が集まっていること」「ある分野で非常に優れている人が集まっていること」という意味です。

「精鋭揃い」【せいえいぞろい】

「選り抜きの優れた人達ばかり集まっていること」という意味です。

icon まとめ

「猛者揃い」「体力的に優れた男性が集まっていること」「ある分野において優れた能力があり、精力的に活動する男性が集まっていること」という意味があります。

知力・武力に優れた男性の集団に対して使いましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。