意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「論理的に話す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「論理的に話す」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「論理的に話す」という言葉の理解を深めていきましょう。

論理的に話す

Meaning-Book
「論理的に話す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「論理的に話す」の意味
  • 「論理的に話す」の表現の使い方
  • 「論理的に話す」を使った例文と意味を解釈
  • 「論理的に話す」の類語や類義語


「論理的に話す」の意味

「論理的に話す」とは、考え方がバラバラではなくある形式、法則に従って、伝えることを言います。

  • 「論理的に話す」の読み方

「論理的に話す」の読み方

「論理的に話す」の読み方は、「ろんりてきにはなす」になります。



「論理的に話す」の表現の使い方

「論理的に話す」を使った表現を紹介します。

「論理的に話す」「論理的」とは何かと言いますと、考え方が形式、法則に従っており、主観的であったり感情的ではないということになります。

つまり誰が聞いても納得できる内容とも言えるでしょう。

「論理的に話す」とは議論をする時にちゃんと、それなりの道筋にそっていて、ただ感情で話しているわけではないということなのです。

社会人であれば「論理的に話す」というスキルは身に着けておきたいことでしょう。

使い方としては「先生はいつも、論理的に話されますが先生の本当の気持ちはどうなのですか」「論理的に話すと長くなりますが、まあ聞いてください」「彼は論理的に話すことができない」などと使います。

「論理的に話す」を使った例文と意味を解釈

「論理的に話す」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「論理的に話す」を使った例文1
  • 「論理的に話す」を使った例文2

「論理的に話す」を使った例文1

「しっかり理解してもらいたいと思って、論理的に話すのだが彼女は聞いてくれなかった」

議論、思考の筋道を立てて話すことを「論理的に話す」と言います。

物事を説明する時には最初から順序立ててわかりやすく話すことが大事でしょう。

しかし例文はそのような話を相手は聞いてくれなかったと言っているのです。

「論理的に話す」を使った例文2

「そんな風にすぐに感情的にならずに、論理的に話すようにしてください」

「論理的に話す」とは主観、感情で先走るのではなく、物事の形式、法則に従って冷静に説明することです。

例文にありますようにすぐに感情的になって話す人は「論理的に話す」ことは苦手であるということになります。



「論理的に話す」の類語や類義語

「論理的に話す」の類語や類義語を紹介します。

  • 「明瞭に話す」【めいりょうにはなす】
  • 「筋道を立てて話す」【すじみちをたててはなす】

「明瞭に話す」【めいりょうにはなす】

「明瞭に話す」とは聞いていて、内容が明らかであること、はっきりとしていてわかりやすい、そのように話すことを言います。

「報告は明瞭に話すようにしなさい」という風に使います。

「筋道を立てて話す」【すじみちをたててはなす】

「筋道を立てて話す」とは物事の道理に合わせて話すということで、わかりやすく順序立てて納得できるようにといった意味になります。

「最初から筋道を立てて話すのだが、彼女はわからないと言い張る」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「論理的に話す」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。