意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「家族」とは?意味や使い方!例文や解釈

「家族」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「家族」という言葉の理解を深めていきましょう。

家族

Meaning-Book
「家族」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「家族」とは?
  • 「家族」の表現の使い方
  • 「家族」を使った言葉と意味を解釈
  • 「家族」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「家族」の反対語
  • 「家族」の類語や類義語・言い換え
  • 「家族」の英語と解釈


「家族」とは?

「家族」とは?

「家族」とは夫婦とその血縁関係にある者を中心として構成される集団のことを言います。

  • 「家族」の読み方

「家族」の読み方

「家族」とは「かぞく」と読みます。



「家族」の表現の使い方

「家族」の表現の使い方

「家族」とは、夫婦とその血縁関係にある者たちの集団という意味で使う言葉です。

しかし、血縁関係がなくとも、一つの目的の為に構成されている集団、ある者を長として、それに従っている者たちをまとめて「家族」と言ったりもします。

例えば「〇〇ファミリー」などと言いますのがいい例でしょう。

血縁関係がある場合はもちろんですが、ない場合においても繋がりが強いといった意味合いで「身内」などと言ったりしますが「家族」といった言葉も同様です。

どのような意味合いで「家族」という言葉を使っているかは、会話、文章の前後にある言葉、雰囲気などから掴むことは容易でしょう。

「家族で力を合わせて頑張っている」「彼とは、家族みたいなものです」「家族仲が非常に良い」などと使います。

「家族」を使った言葉と意味を解釈

「家族」を使った言葉と意味を解釈

「家族」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「家族手当」【かぞくてあて】
  • 「家族計画」【かぞくけいかく】
  • 「家族風呂」【かぞくぶろ】
  • 「毒家族」【どくかぞくて】

「家族手当」【かぞくてあて】

「家族手当」とは社会保障の一つであり、家族を扶養する為に国が支給する手当であったり、会社が扶養家族を持つ勤労者に、生活を維持する為に基本給にプラスして支給する手当のことを言います。

「家族手当がない会社」「家族手当があっても、生活は楽ではない」「離婚すれば家族手当は当然なくなる」などと使います。

「家族計画」【かぞくけいかく】

「家族計画」とは、それぞれの家庭が事情に応じて、出産の間隔、子どもの数などを考えて妊娠や出産に計画性を持つことを言います。

「その時は何とかなると、家族計画などしたこともなかったが、今になってしておけば良かったと思うこともある」「家族計画は大事なことだと、夫婦で話し合って決めた」などと使います。

「家族風呂」【かぞくぶろ】

「家族風呂」とは温泉、旅館などの施設において、一家族だけで入れるようにした風呂のことを言います。

「小さい子がいるので、家族風呂のある旅館を選んだ」「大浴場は苦手だから、家族風呂にしたい」などと使います。

「毒家族」【どくかぞくて】

「毒家族」とは「毒親」「機能不全家族」などと同じ意味合いですが、毒がある「家族」のことで、対立、不法行為、虐待、ネグレクトなどがあることを言います。

「毒家族」であることは「家族崩壊」「家庭崩壊」を招くことになります。

「毒家族からは逃げるしか解決方法はない」「毒家族の連鎖を食い止める為には絶縁するしかない」などと使います。



「家族」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「家族」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「家族」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「家族」を使った例文1
  • 「家族」を使った例文2

「家族」を使った例文1

「血が繋がっていなくても、私たちはいい家族だ」

「家族」とは夫婦とその血縁関係にある者を中心として構成される集団という意味ですが、血縁関係がなくとも、深い繋がり、愛情があれば「家族」という言葉を使うことがあります。

「家族」を使った例文2

「心配をかけるので、悩んでいることは家族には隠している」

一緒に生活をしている、血縁関係がある、夫婦などを「家族」と言います。

自分にとって近い存在ですが、それだけに心配をかけたくないという思いがあるものです。

「家族」の反対語

「家族」の反対語

「家族」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「他人」【たにん】
  • 「他家」【たけ】

「他人」【たにん】

「他人」とは家族、親族以外の人、血の繋がりが無い人、親しくない人、見ず知らずの人のことなどをまとめて言います。

「他人に口を出されたくない」「彼とは赤の他人ですので、個人情報を教える必要はありません」などと使います。

「他家」【たけ】

「他家」とはよその家、他人の家という意味になります。

「他家の問題に口を出すことはない」「いくら他家とは言っても、まったく助けないわけにはいかない」などと使います。

「家族」の類語や類義語・言い換え

「家族」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「家族」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「身内」【みうち】
  • 「身寄り」【みより】
  • 「一門」【いちもん】
  • 「所帯」【しょたい】
  • 「世帯」【せたい】

「身内」【みうち】

「身内」とは家族や近い親類、またそれに近いとても親しい関係にある者のことを言います。

「結婚したことは、身内にしか話していない」「身内で済ませる」などと使います。

「身寄り」【みより】

「身寄り」とは同じ血筋の者、親類、一族といった意味になります。

「私には身寄りはいない」「頼るべき身寄りがなくなったが、本人はかえって気楽そうである」という風に使います。

「一門」【いちもん】

「一門」とは一家族、一族という意味になります。

「このようなことが公になっては一門の名折れとなる」という風に使います。

「所帯」【しょたい】

「所帯」とは一つの家を構え、独立した生計を営むことを言います。

「所帯を持ったことで、さらに頑張ろうという気持ちが強くなった」「大所帯なので、洗濯、食事の用意だけで大仕事です」などと使います。

「世帯」【せたい】

「世帯」とは住居、生計を同じくしている者の集団を言います。

「彼には世帯主としての責任感がない」「彼は世帯持ちだからか、若いけれど落ち着きがある」などと使います。

「家族」の英語と解釈

「家族」の英語と解釈

「家族」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“family”という単語を使います。

例文は“a nuclear family”(核家族)、“many families”(多くの家族)、“a close family”(仲の良い家族)などと、なります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「家族」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。