意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「流儀」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「流儀」という表現は「これが私が今まで守ってきた流儀なのです」「流儀に反するような真似はできません」などの文章で使われますが、「流儀」にはどのような意味があるのでしょうか?

「流儀」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「流儀」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「流儀」の意味
  • 「流儀」の表現の使い方
  • 「流儀」を使った例文と意味を解釈
  • 「流儀」の類語や類義語


「流儀」の意味

「流儀」という表現は、「物事のやり方」「何らかの物事に対処する場合の方法」を意味しています。

「流儀」という言葉には、「技術・芸能・技能などの分野で、その人物や流派に伝わっている独自の伝統的な手法・様式」といった意味合いもあります。

  • 「流儀」の読み方

「流儀」の読み方

「流儀」の読み方は、「りゅうぎ」になります。



「流儀」の表現の使い方

「流儀」の表現の使い方を紹介します。

「流儀」の表現の使い方は、「ある物事・課題に対処する場合の独自の方法ややり方」を指し示して使うという使い方になります。

例えば、「どんなに不利な状況であっても正々堂々と勝負するのが私の流儀なのです」といった文章で使用することができます。

また「流儀」という表現は、「芸能・技能などの分野・流派における伝統的な手法・様式(スタイル)」のことを指して使うという使い方もあります。

「流儀」を使った例文と意味を解釈

「流儀」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「流儀」を使った例文1
  • 「流儀」を使った例文2

「流儀」を使った例文1

「冠婚葬祭の流儀は地域や家族によってもそれぞれ異なっているので、自分たちの伝統的なやり方だけが正しいとは言えないのです」

この「流儀」を使った例文は、「流儀」という表現を、「冠婚葬祭のやり方・方法は」という意味合いで使っています。

「流儀」を使った例文2

「歌舞伎や落語などの芸能の流儀を学ぶためには、その一門に弟子入りして一から学ばせてもらう必要があります」

この「流儀」を使った例文は、「歌舞伎や落語などの芸能の伝統的な手法・スタイルを学ぶためには」という意味を持つ文脈で、「流儀」の言葉を使用しています。



「流儀」の類語や類義語

「流儀」の類語や類義語を紹介します。

  • 「方法」【ほうほう】
  • 「スタイル」【すたいる】

「方法」【ほうほう】

「流儀」という表現は、「ある物事・課題などに取り組む時の方法・やり方」のことを意味しています。

「方法」というのは、「ある物事を遂行したり達成したりするための手段・やり方・手立て」を意味する言葉です。

その意味合いから、「流儀」とほぼ同じようなニュアンスを持つ類語(シソーラス)として、「方法」という表現を指摘できます。

「スタイル」【すたいる】

「流儀」という表現は、「芸能・技術などの分野において伝統的に伝えられてきた様式・スタイル」を意味しています。

「スタイル」とは、「物事の様式・型・やり方・文体などの形式」を意味する表現です。

この意味から、「スタイル」という表現を、芸能・技術などにおける独自の様式・方法を意味する「流儀」の類義語として解釈することができます。

icon まとめ

「流儀」という表現には、「何らかの物事に対処する場合の方法・やり方」「芸能・技術などの分野において伝統的に継承されてきたスタイル・やり方」などの意味があります。

「流儀」の類語・類義語として、「方法」「スタイル」などがあります。

「流儀」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。