意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「流儀に反する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「流儀に反する」という言葉について、どのようなことを感じるでしょうか?

この言葉は、常に自分のポリシーにこだわっている人にとっては、とても重要なキーワードになるかもしれません。

そこで今回は、この「流儀に反する」という言葉にフォーカスしていきたいと思います。

Meaning-Book
「流儀に反する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「流儀に反する」とは?意味
  • 「流儀に反する」の表現の使い方
  • 「流儀に反する」を使った例文と意味を解釈
  • 「流儀に反する」の類語や類義語


「流儀に反する」とは?意味

「流儀に反する」「流儀」とは、「物事のやり方」「技術・芸能などで、その人や流派に伝わっている手法・様式」という意味があります。

また、「反する」「反対する」「違反する」という意味があることから、「流儀に反する」「従来のやり方に違反する」という解釈になります。

  • 「流儀に反する」の読み方

「流儀に反する」の読み方

「流儀に反する」「りゅうぎにはんする」という読み方になりますので、ここでしっかりとチェックしておきましょう。



「流儀に反する」の表現の使い方

「流儀に反する」「今までのルールや決まりを守らない」という意味になりますので、「我が家の流儀に反したやり方」「流儀に反する考え方」という使い方になります。

「流儀に反する」を使った例文と意味を解釈

では、「流儀に反する」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「流儀に反する」を使った例文1
  • 「流儀に反する」を使った例文2

「流儀に反する」を使った例文1

「奇襲で敵軍に勝てるとはいえ、いきなり攻撃に打って出るのは、私の流儀に反することだ」

常に自分の考えやスタイルにこだわりを持っている人は、「流儀に反する」やり方を嫌うものです。

この例文でも、戦いで敵を攻めるにも「流儀に反する」ことを嫌っていた「私」が攻撃にもこだわりがあるのでした。

「流儀に反する」を使った例文2

「俺の流儀に反することだから、お前の考え方に賛同することはできない」

自分の考え方に強いポリシーを持っている人は、時に相手と衝突することも珍しくはありません。

この例文でも、「俺」「お前」の考え方と異なる思想を持っているので、「流儀に反する」ことになり、賛成することができないということになるのです。



「流儀に反する」の類語や類義語

「流儀に反する」を他の言葉に言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「やり方に反する」【やりかたにはんする】
  • 「決まったやり方ではない」【きまったやり方ではない】

「やり方に反する」【やりかたにはんする】

「やり方に反する」という言葉が、「流儀に反する」の類義語として挙げることができます。

「正しいやり方に違反する」という意味になります。

「決まったやり方ではない」【きまったやり方ではない】

「決まったやり方ではない」という言葉も「流儀に反する」に近い意味を持つ言葉として、類意義として扱うことができます。

「これまでに決められたやり方で進められていない」というような理解をすることができるでしょう。

icon まとめ

「流儀に反する」という言葉は、「自分の強い意思を貫く」といういい意味での解釈もできなますが、「頑なに考えにこだわる」というマイナス的な受け止め方もできますので、使い方でその解釈が大きく別れてきます。