意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「鳴らす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「鳴らす」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「鳴らす」という言葉を使った例文や、「鳴らす」の類語を紹介して行きます。

鳴らす

Meaning-Book
「鳴らす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「鳴らす」とは?意味
  • 「鳴らす」の表現の使い方
  • 「鳴らす」を使った例文や短文など
  • 「鳴らす」の類語や類義語・言い換え


「鳴らす」とは?意味

「鳴らす」とは?意味

「鳴らす」には、「音を出すようにする」という意味があります。

また「鳴らす」「そのことで大変世間の評判をとること」を意味します。

  • 「鳴らす」の読み方

「鳴らす」の読み方

「鳴らす」の読み方は、「ならす」になります。



「鳴らす」の表現の使い方

「鳴らす」の表現の使い方

「鳴らす」の表現の使い方を紹介します。

「鳴らす」は、「音を出すようにすること」を意味します。

例えば、ファミレスで食事をしている時、お水が欲しいと思うことがあるかもしれません。

この時に、店員さんに知らせるよう、テーブル上のボタンを押すと、音が出るかもしれません。

このような様子を、「ボタンを鳴らして、店員さんを呼ぶ」などと、「鳴らす」という言葉を使って表現できます。

また「鳴らす」「そのことで大変世間の評判をとること」を意味します。

例えば、若い頃に野球選手として活躍した人がいるかもしれません。

そのような人は、「若い頃は野球がうまいことで鳴らしていたものだ」などと、「鳴らす」という言葉を使ってみましょう。

「鳴らす」を使った例文や短文など

「鳴らす」を使った例文や短文など

「鳴らす」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「鳴らす」を使った例文1
  • 「鳴らす」を使った例文2

「鳴らす」を使った例文1

「河川敷に行き、思いのままトランペットを『鳴らす』」

この例文は、河川敷に行って、気が向くままにトランペットの音を出す様子を文章にしたものです。

このように、「鳴らす」には、「音を出すようにする」という意味があります。

河川敷なら、トランペットでどれだけ大きな音を出しても、迷惑になることはないでしょう。

「鳴らす」を使った例文2

「昔はイケメンとして『鳴らした』ものだ」

この例文は、若い頃はイケメンとして、世間の評判を得ていたという文章になります。

このように、「鳴らす」「そのことで大変世間の評判をとること」を意味します。

現在は、中年太りをしてしまい、当時の面影がない人も、このように「イケメンとして鳴らした」などと、「鳴らす」という言葉を使って、過去を自慢できます。



「鳴らす」の類語や類義語・言い換え

「鳴らす」の類語や類義語・言い換え

「鳴らす」の類語や類似を紹介します。

  • 「音を出す」【おとをだす】
  • 「評判を取る」【ひょうばんをとる】

「音を出す」【おとをだす】

「音を出す」「音を鳴らす」「音を発する」という意味があります。

「大きな音を出す」「音を出して知らせる」などという使い方をします。

「評判を取る」【ひょうばんをとる】

「評判を取る」には、「世間から高い評価を受ける」という意味があります。

「評判を取った作品」「世間から高い評価を受けた作品」になります。

「評判を取れる監督」などという使い方をします。

icon まとめ

「鳴らす」という言葉について見てきました。

音を出すようにする時、また、何かで大変世間の評判をとる様子を見た時、「鳴らす」という言葉を使ってみましょう。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。