意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「丁重にお断り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「丁重にお断り」という表現は「折門のお申し出ですが、今回は丁重にお断りさせて頂きます」などの文章で使われますが、「丁重にお断り」にはどのような意味があるのでしょうか?

「丁重にお断り」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「丁重にお断り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「丁重にお断り」の意味
  • 「丁重にお断り」の表現の使い方
  • 「丁重にお断り」を使った例文と意味を解釈
  • 「丁重にお断り」の類語や類義語


「丁重にお断り」の意味

「丁重にお断り」という表現は、「礼儀を守って丁寧に、相手の提案・誘い・申し出などをお断りすること」を意味しています。

「丁重にお断り」というのは、「礼儀正しく相手の気持ちにも配慮して、相手の申し出を受け入れられない旨を伝えるさま」を意味している表現なのです。

「丁重(ていちょう)」の表現には、「礼儀正しいさま・丁寧で注意が行き届いていること」「相手に手厚く配慮しているさま」の意味合いがあります。

  • 「丁重にお断り」の読み方

「丁重にお断り」の読み方

「丁重にお断り」の読み方は、「ていちょうにおことわり」になります。



「丁重にお断り」の表現の使い方

「丁重にお断り」の表現の使い方を紹介します。

「丁重にお断り」という表現は、「その件については丁重にお断りしたはずですが、まだ何かございますでしょうか?」のように、「相手の申し出・要求に対して礼儀を守って丁寧にお断りする場合」に使うという使い方になります。

「丁重にお断り」を使った例文と意味を解釈

「丁重にお断り」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「丁重にお断り」を使った例文1
  • 「丁重にお断り」を使った例文2

「丁重にお断り」を使った例文1

「お世話になっている先生ですから、今回の食事会に行きたかったけれど行けない用事があると、丁重にお断りしておいてください」

この「丁重にお断り」を使った例文は、「丁重にお断り」の表現を、「礼儀を守り先生に配慮した上で、お断りしておいてください(行けない旨をお伝えしておいてください)」といった意味で使っています。

「丁重にお断り」を使った例文2

「今回の交渉内容についてどうしても同意できない部分がありますので、丁重にお断りさせて頂きます」

この「丁重にお断り」を使った例文は、「礼儀正しく丁寧に交渉内容に同意できない旨を伝えさせて頂きます」という意味を持つ文脈で、「丁重にお断り」の表現を使用しています。



「丁重にお断り」の類語や類義語

「丁重にお断り」の類語や類義語を紹介します。

  • 「丁寧にお断り」【ていねいにおことわり】
  • 「恭しくお断り」【うやうやしくおことわり】

「丁寧にお断り」【ていねいにおことわり】

「丁重にお断り」の表現は、「相手の気持ちにも配慮して丁寧に、相手の申し出を受け入れられない旨を伝えるさま」を意味しています。

その意味から、「丁重にお断り」とほぼ同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「丁寧にお断り」を指摘できます。

「恭しくお断り」【うやうやしくおことわり】

「丁重にお断り」の表現は、「礼儀正しく恭しい態度でお断りすること」といった意味合いがあります。

「恭しい」というのは、「相手に敬意を示していて礼儀正しいさま」を意味する言葉です。

この意味から、「恭しくお断り」という表現を、「丁重にお断り」と類似した意味を持つ類義語として解釈できます。

icon まとめ

「丁重にお断り」の表現には、「丁寧に礼儀正しい態度で、相手の申し出・要求をお断りすること」などの意味があります。

「丁重にお断り」の類語・類義語として、「丁寧にお断り」「恭しくお断り」などがあります。

「丁重にお断り」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。