意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「回り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「回り」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「回り」という言葉を使った例文や、「回り」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「回り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「回り」とは?意味
  • 「回り」の表現の使い方
  • 「回り」を使った例文や短文など
  • 「回り」の類語や類義語・言い換え


「回り」とは?意味

「回り」には、「手が届くほど近くや近辺」という意味があります。

また「回り」は、「物の大きさ」を意味します。

さらに「回り」には「影響が及ぶこと」という意味があります。

  • 「回り」の読み方

「回り」の読み方

「回り」の読み方は、「まわり」になります。



「回り」の表現の使い方

「回り」の表現の使い方を紹介します。

「回り」は、「手が届くほど近くや近辺」を意味します。

例えば、物臭な人は、自分が座るソファーから、手が届くほど近くに、様々な物を置いておくかもしれません。

テレビのリモコンやティッシュ、耳かきなどを、ソファーから手が届くほど近くに置く様子を、「ソファーの回りに、必要なものを置く」などと「回り」という言葉を使って表現できます。

また「回り」は、「物の大きさ」を意味します。

例えば、お腹の大きさについて他の人に話す時、「お腹回りが大きくなって」などと、「回り」という言葉を使えます。

さらに「回り」には「影響が及ぶこと」という意味があります。

何かに影響が及ぶ様子を見た時、「回り」という言葉を使ってみましょう。

  • 「回り」と「周り」の違い

「回り」と「周り」の違い

【回り】回転。身辺。円筒形の周囲。
モーターの回りが悪い。回り舞台。時計回り。身の回り。胴回り。首回り。

【周り】周囲。周辺。
池の周り。周りの人。周りの目が気になる。学校の周りには自然が残っている。


「回り」を使った例文や短文など

「回り」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「回り」を使った例文1
  • 「回り」を使った例文2

「回り」を使った例文1

「そろそろ身の『回り』の世話をしてくれる奥さんが欲しい」

この例文は、身の回りの世話をしてくれるような女性と結婚したいという意味があります。

このように「回り」は、「手が届くほど近くや近辺」を意味します。

例えば、洋服を着せてくれたり、ネクタイを締めてくれるような女性は、「身の回りの世話が好きな女性」と言えそうです。

このような女性と結婚したい男性は多いかもしれません。

「回り」を使った例文2

「火の『回り』が早く、消し止めるのに苦労する」

この例文は、家事などにより火が出てしまい、さらに燃え広がるスピードが速いため、消し止めるのに苦労しているという文章になります。

このように「回り」には「影響が及ぶこと」という意味があります。



「回り」の類語や類義語・言い換え

「回り」の類語や類似を紹介します。

  • 「周囲」【しゅうい】
  • 「周辺」【しゅうへん】

「周囲」【しゅうい】

「周囲」「物のまわり」という意味があります。

「周囲を海に囲まれている」という文章は、「まわりを海に囲まれている」という意味があります。

「周囲の様子を探る」などという使い方をします。

「周辺」【しゅうへん】

「周辺」には「あるものをとりまく部分」という意味があります。

「家の周辺に、コンビニがない」という文章には、「家のまわりには、コンビニがない」という意味があります。

「周辺の自動販売機を探す」などという使い方をします。

icon まとめ

「回り」という言葉について見てきました。

手が届くほど近くや近辺について話す時、物の大きさについて話す時、さらに影響が及ぶことについて話す時、「回り」という言葉を使ってみましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。