意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「遠回り」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「遠回り」という言葉を聞いたことがあると思います。

この言葉は決して難しい言い回しではありませんが、使われるシチュエーションでいい意味であったり、悪い意味合いも帯びてくる言葉かもしれません。

そこで今回は、この「遠回り」という言葉について説明をしていくことにします。

Meaning-Book
「遠回り」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「遠回り」とは?
  • 「遠回り」の英語と解釈
  • 「遠回り」の具体例や表現の使い方
  • 「遠回り」を使った例文と意味を解釈
  • 「遠回り」の類語や類義語・言い換え


「遠回り」とは?

「遠回り」とは「何かの必要で普通の道筋をそれた道を行くこと」、あるいは「回り道」という意味を持つ言葉です。

  • 「遠回り」の読み方

「遠回り」の読み方

「遠回り」「とおまわり」と読みますが、難しい発音ではないので、こおで間違いのないように、きちんと読み方をチェックしておきましょう。



「遠回り」の英語と解釈

「遠回り」を英語で表現すると、“roundabout way”“detour”といった言葉で訳すことができます。

「遠回り」の具体例や表現の使い方

「遠回り」とは、「普通であれば真っすぐに進むべき道を必要があるために、その道とは異なるルートを辿ること」という意味があるので、何かしらの研究をしている時に、有効な手段を見つけるために様々なアプローチを試みるような時に使われています。

まったく手探りの状態で、どのような方法がいいのか分からずに、模索している場合で使えます。



「遠回り」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「遠回り」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンヲイメージしてみることにしましょう。

  • 「遠回り」を使った例文1
  • 「遠回り」を使った例文2

「遠回り」を使った例文1

「あいつはいつも遠回りな言い方をするので、その意味を理解するのに時間がかかってしまう」

あなたの周りにも、発言することが「遠回り」の言い方となっていることで、理解に苦しむような人がいないでしょうか?

もっとストレートに分かりやすく話をすれば、すんなりと理解できるのですが、「遠回り」した言い方しかできないので、話を聞いていて何となく、くどく聞こえてしまうこともあります。

「遠回り」を使った例文2

「私達は、この方法が有効的な手段と判断できるまで、ずいぶん遠回りをしたものです」

物事の解決手法を見出す時に、様々な手法を試してみることがよくあります。

それが「遠回り」になることも少なくありませんが、この活用シーンは研究分野をイメージしがちですが、ビジネスシーンでは、営業、企画など色々な場面で活用することができる表現です。

営業でも、販売が上がる施策を色々と試してみて、その結果「遠回り」になることもありますが、その中で有効な手立てを確立することもあります。

「遠回り」の類語や類義語・言い換え

「遠回り」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「迂回する」【うかいする】
  • 「紆余曲折する」【うよきょくせつする】

「迂回する」【うかいする】

「迂回する」という言葉が「遠回り」の類義語として活用することができます。

「目的地に行く際に距離の長い経路を通ること」「危険なルートを避けて案ぜんなルートで目的地まで進む」という意味があります。

「紆余曲折する」【うよきょくせつする】

「紆余曲折する」という表現も「遠回り」の類義語として扱うことができますが、「物事の方向性が直線的でなく、あちこちに曲がっていること」「ねじ曲がる」「こじれる」といったような意味があります。

ここから転じて、「様々なことがあり、その結果1つの結論に辿り着く」という解釈ができます。

icon まとめ

「遠回り」するという言葉には、物事を進めていく上で、「様々な試みが行われる」というニュアンスが含まれています。

特にビジネスの世界においては、この「遠回り」はよくあることです。

最近では「業務効率化」の流れで、「遠回り」することを敬遠する風潮がありますが、時には「遠回り」することで新たな発見をするチャンスもあるので、決して悪いことはないと思います。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。