意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「独断」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「独断」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「独断」という言葉を使った例文や、「独断」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「独断」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「独断」とは?意味
  • 「独断」の表現の使い方
  • 「独断」を使った例文や短文など
  • 「独断」の類語や類義語・言い換え


「独断」とは?意味

「独断」には、「自分一人で物事を決断すること」という意味があります。

また「独断」は、「自分の思い込みにより、公正さを欠く判断をすること」を意味します。

  • 「独断」の読み方

「独断」の読み方

「独断」の読み方は、「どくだん」になります。



「独断」の表現の使い方

「独断」の表現の使い方を紹介します。

「独断」には、「自分一人で物事を決断すること」という意味があります。

例えば、国を率いる王は、緊急事態になった時、自分一人で物事を決断するかもしれません。

そのような様子を、「国王が、緊急事態に陥った時、独断で救済策を実行した」などと「独断」という言葉を使えます。

また「独断」は、「自分の思い込みにより、公正さを欠く判断をすること」を意味します。

例えば職場の同僚二人が、ケンカをしたとします。

その時に上司は、二人から話をまるで聞かず、思い込みで一方を非難した場合、公正さに欠く判断と言えるでしょう。

このような時、「上司が独断で、ケンカを裁いて、かえって雰囲気が悪くなる」などと、「独断」という言葉を使ってみましょう。

「独断」を使った例文や短文など

「独断」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「独断」を使った例文1
  • 「独断」を使った例文2

「独断」を使った例文1

「『独断』で、ゴール前にドリブルし、シュートを決める」

この例文は、サッカーチームのストライカーが、自分の判断でゴール前にドリブルでボールを持ち込み、シュートを決めたという文章になります。

このように「独断」には、「自分一人で物事を決断すること」という意味があります。

サッカーのストライカーのような立場の選手は、いちいち周囲の判断を待つのではなく、「独断」で行動する必要があるでしょう。

「独断」を使った例文2

「彼は『独断』で物事を決めるため、周囲が振り回される」

この例文は職場のある男性が、思い込みで物事を決めてしまうため、周囲の人は振り回されて苦労するという文章になります。

このように「独断」は、「自分の思い込みにより、公正さを欠く判断をすること」を意味します。



「独断」の類語や類義語・言い換え

「独断」の類語や類似を紹介します。

  • 「無断」【むだん】
  • 「勝手に」【かってに】

「無断」【むだん】

「無断」「誰にも断らずに何かをすること」を意味します。

「無断で、敷地に入る」という文章は、「誰にも断らずに、他人の敷地に入る」という意味があります。

「無断欠席」「無断外泊」などという使い方をします。

「勝手に」【かってに】

「勝手に」には「他人に構わずに、自分だけに都合が良いように振舞うこと」という意味があります。

「勝手にお金を使う」という文章は、「他人に構わず、自分に都合がいいように金を使う」ことを意味します。

「勝手にする」などという使い方をします。

icon まとめ

「独断」という言葉について見てきました。

自分一人で物事を決断すること、自分の思い込みにより、公正さに欠く判断をすることについて話す時、「独断」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。