意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目先」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目先」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「目先」という言葉を使った例文や、「目先」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「目先」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目先」とは?意味
  • 「目先」の表現の使い方
  • 「目先」を使った例文や短文など
  • 「目先」の類語や類義語・言い換え


「目先」とは?意味

「目先」には、「すぐ目の前」という意味があります。

また「目先」「近い将来にある物事」を意味します。

  • 「目先」の読み方

「目先」の読み方

「目先」の読み方は、「めさき」になります。



「目先」の表現の使い方

「目先」の表現の使い方を紹介します。

「目先」は、「すぐ目の前」を意味します。

例えば、夏場になると、蚊が鳴く音が聞こえるかもしれません。

かゆくなるため、蚊に刺されたくない時、蚊の位置を探るでしょう。

このような時に、蚊がすぐ目の前にいる様子を、「蚊が目先を飛んでいる」などと「目先」を使ってみましょう。

また「目先」「近い将来にある物事」を意味します。

例えば、仕事のスケジュールを長期的に見ずに、今から1時間後までしか見ずに仕事を進める人がいるかもしれません。

このような人に対して、「目先の仕事に集中し過ぎる」などと、「目先」という言葉を使い、注意を促せるかもしれません。

「目先」を使った例文や短文など

「目先」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「目先」を使った例文1
  • 「目先」を使った例文2

「目先」を使った例文1

「ダイエットをしていると、カロリーが高い食べ物が『目先』にちらつく」

この例文はダイエットをしている時は、食べてはいけないはずのカロリーの高い食べ物が、すぐ目の前に見えるようだという文章になります。

このように「目先」には、「すぐ目の前」という意味があります。

食べてはいけないハイカロリーの食べ物のため、「目先」にちらつくのかもしれません。

「目先」を使った例文2

「『目先』の利益を追い過ぎて、長い目で見て損をする」

この例文は、目の前にある儲け話を追いかけすぎて、長い目で見たら損をするという文章になります。

このように「目先」「近い将来にある物事」を意味します。

将来のための勉強や投資をしながら、「目先」の利益を得て行くと、バランスがいいかもしれません。



「目先」の類語や類義語・言い換え

「目先」の類語や類似を紹介します。

  • 「目の前」【めのまえ】
  • 「近い将来」【ちかいしょうらい】

「目の前」【めのまえ】

「目の前」「見ているすぐ前」という意味があります。

「目の前で、子供が転ぶ」という文章は、「見ているすぐ前で、子供が転んだ」ことを意味します。

「近い将来」【ちかいしょうらい】

「近い将来」には、「すぐに訪れる未来」という意味があります。

「近い将来、また会って飲みましょう」という文章は、「すぐに訪れる未来に、再会してお酒を楽しみましょう」という意味になります。

icon まとめ

「目先」という言葉について見てきました。

すぐ目の前について話す時、目の前にある物事について話す時、「目先」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。