意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「出戻り社員」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「出戻り社員」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「出戻り社員」という言葉を使った例文や、「出戻り社員」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「出戻り社員」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「出戻り社員」とは?意味
  • 「出戻り社員」の表現の使い方
  • 「出戻り社員」を使った例文や短文など
  • 「出戻り社員」の類語や類義語・言い換え


「出戻り社員」とは?意味

「出戻り社員」は、「一度自主退職して他社などで働いていた人が、再びもの会社に雇用されること」を意味します。

  • 「出戻り社員」の読み方

「出戻り社員」の読み方

「出戻り社員」の読み方は、「でもどりしゃいん」になります。



「出戻り社員」の表現の使い方

「出戻り社員」の表現の使い方を紹介します。

「出戻り社員」は、「一度自主退職して他社などで働いていた人が、再びもの会社に雇用されること」を意味します。

そこでそのような社員を見た時に、「出戻り社員」という言葉を使ってみましょう。

例えば、退職して他の会社に転職した人が、やはり元の会社で働きたいと思い、それを会社も認めて雇用し直したとします。

このような人を、「転職したが、出戻り社員になって帰ってきた」などと、「出戻り社員」という言葉を使って状況を説明できます。

「出戻り社員」を使った例文や短文など

「出戻り社員」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「出戻り社員」を使った例文1
  • 「出戻り社員」を使った例文2

「出戻り社員」を使った例文1

「『出戻り社員』は、またすぐに辞めると思われている」

この例文は、一度退職して、再び同じ会社で働き始めた社員は、周囲から、またすぐに辞めるのではないかと見られているという文章になります。

このように「出戻り社員」は、「一度自主退職して他社などで働いていた人が、再びもの会社に雇用されること」を意味します。

どのような理由があるにせよ、一度辞めたという事実は、なかなか払しょくできないかもしれません。

「出戻り社員」を使った例文2

「独立したが、安定した生活が懐かしくなり、『出戻り社員』の道を選んだ」

この例文は、一度は独立して会社を辞めた社員が、不安定な生活に嫌気を覚えて、元の会社に戻ってきたという文章になります。

フリーランスや自営業として働くと、経済的に不安定になりがちです。

そのため、「出戻り社員」の道を選ぶ人もいるでしょう。



「出戻り社員」の類語や類義語・言い換え

「出戻り社員」の類語や類似を紹介します。

  • 「ブーメラン社員」【ぶーめらんしゃいん】
  • 「再雇用」【さいこよう】

「ブーメラン社員」【ぶーめらんしゃいん】

「ブーメラン社員」「出戻り社員」と同じ意味があり、「一度退社したのに、再雇用されて戻ってきた社員」という意味があります。

「ブーメラン社員と呼ばれても、会社に戻りたい」などという使い方をします。

「再雇用」【さいこよう】

「再雇用」「一度退職した物が、再び会社から雇用されること」を意味します。

「会社が再雇用するなら、ぜひ戻りたい」などという使い方をします。

icon まとめ

「出戻り社員」という言葉について見てきました。

一度自主退職して他社などで働いていた人が、再びもの会社に雇用されることを、一言で言い表したい時、「出戻り社員」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。