意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ユーザー目線」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスで「ユーザー目線」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「ユーザー目線」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ユーザー目線」の意味
  • 「ユーザー目線」の表現の使い方
  • 「ユーザー目線」を使った例文と意味を解釈
  • 「ユーザー目線」の類語や類義語


「ユーザー目線」の意味

「ユーザー目線」の意味は以下の2つです。

1つ目は、「コンピュータの使用者から見た製品への意見のこと」です。

最近では実に様々なIT技術があり、PCだけではなくソフトやアプリ、システムからサービスを使う人は、ある程度知識がないと使いこなせません。

開発した側ではなく、一般に使用する人の立場から見た製品に対する意見のことを言います。

2つ目は、「買い手からみた商品への意見のこと」です。

こちらの場合、単純に商品やサービスを購入する人、つまり顧客が、商品に対して持つ意見のことを言います。

  • 「ユーザー目線」の読み方
  • 「ユーザー目線」の言葉の成り立ち

「ユーザー目線」の読み方

「ユーザー目線」の読み方は、「ゆーざーめせん」になります。

難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「ユーザー目線」の言葉の成り立ち

「ユーザー目線」は、「ユーザー+目線」で成り立っています。

「ユーザー」とは英語の“user”が日本語化した言葉で、「利用者・使用者」「商品を購入して使うお客」という意味があります。

「目線」とは「目の動き・視線」「その立ち場におけるものの考え方」「プライベート保護として画像の目にかける黒い線」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「利用者や顧客の立場におけるものの考え方」という意味で使われています。



「ユーザー目線」の表現の使い方

「ユーザー目線」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 「ユーザー目線」と「ユーザー視点」

文法的な使い方

「ユーザー目線」は名詞であり、文末に使う時には「ユーザー目線に立つ」など、動詞を伴います。

また、形容動詞として「ユーザー目線だ・である」と使うこともあります。

副詞として使う時には「ユーザー目線で」になります。

「ユーザー目線」と「ユーザー視点」

ビジネスでは「ユーザー目線」と似た言葉として「ユーザー視点」があり、この2つには微妙に使分けがあります。

「ユーザー目線」は、「顧客と同じ目の高さで判断すること」という意味です。

「ユーザー視点」は、「社会的なものの見方で判断すること」という意味です。

2つの違いは「顧客の立場になって考えることか、大勢の顧客がどの様に考えるかを知ることか」という点です。

「ユーザー目線」を使った例文と意味を解釈

「ユーザー目線」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「ユーザー目線」を使った例文1
  • 「ユーザー目線」を使った例文2

「ユーザー目線」を使った例文1

「このソフトはユーザー目線になって考えるとかなり使い辛い」

パソコンのソフトを開発したのですが、実際に仕事で使おうと思うとかなり現実にそぐわない部分があることを表しています。

「ユーザー目線」を使った例文2

「ユーザー目線に立ってもっと機能をシンプルにするべきだ」

家電製品など、使う立場になってもっと余計な機能を減らした方がいいという意見です。



「ユーザー目線」の類語や類義語

「ユーザー目線」の類語や類義語を紹介します。

  • 「顧客目線」【こきゃくめせん】
  • 「共通意見」【きょうつういけん】

「顧客目線」【こきゃくめせん】

「商品やサービスを購入するお客から見た考え」という意味です。

「共通意見」【きょうつういけん】

「世間一般に共通するものごとの考え方」というい意味です。

icon まとめ

「ユーザー目線」「コンピュータの使用者から見た製品への意見のこと」「買い手からみた商品への意見のこと」という意味です。

ビジネスで顧客分析をする時に使いましょう。