意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「自嘲」とは?意味や読み方・例文など詳しく解説!

この「自嘲」は、少し解釈が難しい言葉かも知れません。

Meaning-Book
「自嘲」とは?意味や読み方・例文など詳しく解説!>


目次

  • 「自嘲」とは?
  • 「自嘲」を使った例文と意味を解釈


「自嘲」とは?

「自嘲」とは、「自らを嘲る(あざける)」こととして使われる言葉です。

自分自身を下卑することになる表現なので、そのようなことが必要な時に用いられると考えてください。

「自嘲の笑いをこぼすしかなかった」のような使い方になることが多く、自分がどうしようもないと自ら思ったような時に、自分自身に対して軽蔑するという意味で使う言葉になります。

  • 「自嘲」の読み方

「自嘲」の読み方

「自嘲」は、「じちょう」と読んでください。

「嘲」「けなす」という意味のある言葉で、「自分をけなす」ことがこの「自嘲」です。

読み方はそのまま覚えてしまえば問題ありませんが、逆に「じちょう」から漢字に変換する際に「自重」(耐えること、我慢すること)や「次長」(「部長」に次ぐ役職)などとしないように注意してください。

「じちょう」という読み方では、それらの方が使うことが多い為、変換口語としてそのような言葉の方が先に出てくることがほとんどの為です。



「自嘲」を使った例文と意味を解釈

「自嘲」を使った例文と、その意味の解釈です。

自らを下卑して使う言葉なだけに、使う(使われる)場面が限られます。

  • 「自嘲」を使った例文1
  • 「自嘲」を使った例文2

「自嘲」を使った例文1

「もう自嘲するしかないほどの間違いを犯してしまった」

かなりの間違いをしてしまった為に、自らに対して軽蔑すると使っていると解釈してください。

それだけ自分がしたことが悪かったと反省している意味にもなります。

「自嘲」を使った例文2

「彼の自嘲気味な笑顔が印象的だった」

その笑いは自分自身を笑っているのだと解釈できたと言っています。

「もう笑うしかない」といったシチュエーションで出てしまった笑顔だと考えるといいでしょう。

icon まとめ

もちろん「自嘲」などしないに限るのは言うまでもありませんが、人生では時にはそうするしかないということもあるものです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。