意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「怪訝に思う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「怪訝に思う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「怪訝に思う」という言葉を使った例文や、「怪訝に思う」の類語を紹介して行きます。

怪訝に思う

Meaning-Book
「怪訝に思う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「怪訝に思う」とは?意味
  • 「怪訝に思う」の表現の使い方
  • 「怪訝に思う」を使った例文や短文など
  • 「怪訝に思う」の類語や類義語・言い換え


「怪訝に思う」とは?意味

「怪訝に思う」とは?意味

「怪訝に思う」には、「物事に対して不審に思い、怪しいといった印象を持つこと」という意味があります。

  • 「怪訝に思う」の読み方

「怪訝に思う」の読み方

「怪訝に思う」の読み方は、「けげんにおもう」になります。



「怪訝に思う」の表現の使い方

「怪訝に思う」の表現の使い方

「怪訝に思う」の表現の使い方を紹介します。

「怪訝に思う」には、「物事に対して不審に思い、怪しいといった印象を持つこと」という意味があります。

そこで、そのような怪しい印象を持った時、「怪訝に思う」という言葉を使ってみましょう。

例えば、いつも明るいはずのA君という同僚が、その日は一日中一言も話さなかった場合、何か変だ、おかしいと感じるのではないでしょうか。

そこで、そのような様子を、「いつも明るいA君が一言も口をきかないため、周囲の人は怪訝に思った」と、「怪訝に思う」を使った文章にできます。

「怪訝に思う」を使った例文や短文など

「怪訝に思う」を使った例文や短文など

「怪訝に思う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「怪訝に思う」を使った例文1
  • 「怪訝に思う」を使った例文2

「怪訝に思う」を使った例文1

「いつも手伝いなどしない子供が、熱心に家事をしたがる様子を見た母が、『怪訝に思う』」

この例文は、普段はまるで家事の手伝いなどしたことがない子供が、急に手伝いを始めたため、何かおかしいと感じている場面になります。

このように「怪訝に思う」には、「物事に対して不審に思い、怪しいといった印象を持つこと」という意味があります。

おそらく子供は、親にお小遣いをもらいたい事情があり、急に手伝いを始めたのではないでしょうか。

「怪訝に思う」を使った例文2

「外回りに出た営業社員が、いつまで帰ってこないため、『怪訝に思う』」

この例文は鼠泊りに出た営業社員が、昼を過ぎても、就業時間が終わりそうになっても戻ってこないため、おかしいと感じている場面になります。

もしかしたら、さぼってどこかであそんでいるのか、病気になって寝込んでいるのか様々な想像を巡らせてしまうかもしれません。



「怪訝に思う」の類語や類義語・言い換え

「怪訝に思う」の類語や類義語・言い換え

「怪訝に思う」の類語や類似を紹介します。

  • 「不思議に思う」【ふしぎにおもう】
  • 「怪しく思う」【あやしくおもう】

「不思議に思う」【ふしぎにおもう】

「不思議に思う」には「物事を不思議と考え疑念を抱くこと」という意味があります。

「彼がモテることを、不思議に思う」「彼女が出世することを、不思議に思う」などという使い方をします。

「怪しく思う」【あやしくおもう】

「怪しく思う」には、「物事の異常な様子に対して、不自然と感じ疑問を抱くこと」という意味があります。

「何時も仲の悪い、二人が仲良くしているのは、怪しく思う」などという使い方をします。

icon まとめ

「怪訝に思う」という言葉について見てきました。

何かを見た時に、何か変だ、不思議だ、おかしい、怪しいといった印象を持った時に、「怪訝に思う」という言葉を使ってみましょう。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。