意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「敏い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「敏い」という言葉を耳にしたり、目にする機会があまりないのではないかと思います。

この言葉は、日頃の会話の中や仕事上でのやり取りにおいても、めったに使われることがないかもしれません。

しかし、知っていて損しない言葉でもあります。

そこで今回は、この「敏い」にフォーカスしていくことにします。

敏い

Meaning-Book
「敏い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「敏い」の意味
  • 「敏い」の表現の使い方
  • 「敏い」を使った例文と意味を解釈
  • 「敏い」の類語や類義語


「敏い」の意味

「敏い」の意味

「敏い」「感覚が鋭く敏感である」という意味や「その分野に長けている」「理解が早く明敏である」という解釈もできる言葉です。

  • 「敏い」の読み方

「敏い」の読み方

「敏い」「さとい」という読み方をしますので、めったに触れることのない言葉だけに、ここで確実に覚えておくことにしましょう。



「敏い」の表現の使い方

「敏い」の表現の使い方

「敏い」とは、「感覚が鋭く敏感である」「ある分野に長けて造詣が深い」という意味を持っていますので、「指先が敏い」「儲けることに敏い」というような使い方ができます。

「敏い」を使った例文と意味を解釈

「敏い」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「敏い」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「敏い」を使った例文1
  • 「敏い」を使った例文2

「敏い」を使った例文1

「あのドクターの敏い眼が、他の医院では発見できなかった癌を見つけることになった」

色々な意味を持つ「敏い」の中で、「その分野に長けている」という意味が当てはまるのが、この例文になります。

今では、技術の進歩で癌の早期発見もかなり高い精度で実現できるようになってきましたが、まだまだ発見困難なものが少なくありません。

そのような時に、「敏い」目を持つドクターのおかげで発見が難しい癌でも、見つけることができるのです。

「敏い」を使った例文2

「彼の長年の経験から来る敏い勘で、見事に株式市場の動向を言い当てることができたのです」

「目利きできる能力に長けている」というニュアンスも、「敏い」で表現することができるでしょう。

この時の「敏い」は、的確に株式市場の値動きを見ながら、予想することができる能力を養っていったのかもしれません。



「敏い」の類語や類義語

「敏い」の類語や類義語

「敏い」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「鋭い」【するどい】
  • 「明達」【めいたつ】

「鋭い」【するどい】

「鋭い」「敏い」に近い意味を持つ言葉です。

「人の心や感覚に強く突きささるような勢いがある」「激しい」という意味で使われています。

「明達」【めいたつ】

古い言葉なのですが、「名達」という言葉も類義語として挙げることができます。

「賢くて物の道理に通じていること」という意味になりますが、少し古めかしい印象がある言葉です。

icon まとめ

「敏い」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、身近なシーンでも、結構当てはまることもあるでしょう。

しかし、実際には「棹い」が適合するケースもそれなりにあるはずです。

そのために、この「敏い」の特徴を正しく理解して、自由に使いこなせるようにしたいものです。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。