意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目敏い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目敏い」という表現は、「彼はどんなに小さなミスでも目敏く見つけます」「目敏い人は観察力が優れています」などの文章で使われますが、どのような意味を持っているのでしょうか?

「目敏い」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説します。

Meaning-Book
「目敏い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目敏い」とは?意味
  • 「目敏い」の表現の使い方
  • 「目敏い」を使った例文と意味を解釈
  • 「目敏い」の類語や類義語


「目敏い」とは?意味

「目敏い」という表現は、「探しているものを見つけるのが素早いこと」「観察力・注意力があって目が早いこと」を意味しています。

また「目敏い」という言葉には、「わずかな物音でも目がすぐに覚めてしまうこと」という意味もあります。

  • 「目敏い」の読み方

「目敏い」の読み方

「目敏い」の読み方は、「めざとい」になります。



「目敏い」の表現の使い方

「目敏い」の表現の使い方を紹介します。

「目敏い」という表現は、「探しているものを見つけるのが素早い場合」「すぐに見つけて目端(めはし)が利く場合」に使うという使い方になります。

例えば、「流行のファッションに目敏い彼女が、古臭い洋服なんて着るはずがありません」といった文章で使用することができます。

また「目敏い」という言葉は、「少しの物音でもすぐに目覚める」という意味合いでも使用することができるのです。

「目敏い」を使った例文と意味を解釈

「目敏い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「目敏い」を使った例文1
  • 「目敏い」を使った例文2

「目敏い」を使った例文1

「男性には目敏い彼女は、新しいクラスですぐに格好いい男の子を見つけて話しかけていました」

この「目敏い」を使った例文では、「目敏い」という表現を、「(観察力があって)魅力的な男性を素早く見つける」という意味合いで使用しています。

「目敏い」を使った例文2

「最近はストレスが溜まっているのか目敏くなってしまって、なかなか熟睡することができません」

この「目敏い」を使った例文は、「最近はストレスの影響なのか、少しの刺激・物音でも目が覚めてしまう」という意味合いで、「目敏い」という表現を使用しています。



「目敏い」の類語や類義語

「目敏い」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明します。

  • 「目が早い・すぐ気づく」
  • 「鼻が利く・勘が鋭い」

「目が早い・すぐ気づく」

「目敏い」という表現は、「探しているものを見つけるのが早くて、すぐに気づくこと」「お目当てのものに対して、目が早いこと」を意味しています。

「目が早い」という言葉は、「探しているものがすぐに目に付くこと」を意味しています。

それらの意味から、「目敏い」と近しい意味を持つ類語(シソーラス)として、「目が早い・すぐ気づく」を上げられます。

「鼻が利く・勘が鋭い」

「鼻が利く」という表現は、「何となく怪しいことや探しているものに気づくこと、その能力」を意味しています。

「勘が鋭い」というのは、「直感・ひらめきに優れていて、探しているものをすぐに見つけること」を意味している表現です。

これらの意味から、「鼻が利く・勘が鋭い」という表現を、「目敏い」に良く似た意味を持つ類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「目敏い」の表現には、「探しているものを見つけるのが素早いこと」「少しの物音でも目が覚めてしまうこと」などの意味があります。

「目敏い」の類語・類義語として、「目が早い・すぐ気づく」「鼻が利く・勘が鋭い」などがあります。

「目敏い」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。