意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「惨憺たる有様」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「惨憺たる有様」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「惨憺たる有様」という言葉を使った例文や、「惨憺たる有様」の類語を紹介して行きます。

惨憺たる有様

Meaning-Book
「惨憺たる有様」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「惨憺たる有様」とは?意味
  • 「惨憺たる有様」の表現の使い方
  • 「惨憺たる有様」を使った例文や短文など
  • 「惨憺たる有様」の類語や類義語・言い換え


「惨憺たる有様」とは?意味

「惨憺たる有様」とは?意味

「惨憺たる有様」には、「まるで生き地獄のような無残な光景のこと」という意味があります。

また「見るも無残で、目を覆わんばかりの光景のこと」という意味もあります。

  • 「惨憺たる有様」の読み方

「惨憺たる有様」の読み方

「惨憺たる有様」の読み方は、「さんたんたるありさま」になります。



「惨憺たる有様」の表現の使い方

「惨憺たる有様」の表現の使い方

「惨憺たる有様」の表現の使い方を紹介します。

「まるで生き地獄のような無残な光景のこと」「見るも無残で、目を覆わんばかりの光景のこと」という意味もあります。

そのため、そのような光景や様子を見た時に、「惨憺たる有様」という言葉を使ってみましょう。

例えば刑事が殺害現場に急行し、人が死んでいる様子を見た時、痛ましくて見るに忍びないような光景だと感じられるかもしれません。

そのため、「刑事が現場に行くと、惨憺たる有様が、広がっていた」などと「惨憺たる有様」を使った文章を作れます。

「惨憺たる有様」を使った例文や短文など

「惨憺たる有様」を使った例文や短文など

「惨憺たる有様」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「惨憺たる有様」を使った例文1
  • 「惨憺たる有様」を使った例文2

「惨憺たる有様」を使った例文1

「被災地は、地獄かと思えるほど、『惨憺たる有様』だ」

このように、大きな天才の被害に遭った被災地は、まるで地獄ではないかと思ってしまうほど、いたましく、なげかわしい様子になっています。

このように「惨憺たる有様」には、「見るも無残で、目を覆わんばかりの光景のこと」という意味があります。

「惨憺たる有様」を使った例文2

「家事が嫌いな一人暮らしの友達の家に遊びに行ったら、『惨憺たる有様』だった」

この例文は、家事が嫌いと公言している一人暮らしの友達の家に行ったという文章になります。

実際に言ってみると、家事嫌いだけあり、ゴミや物、洗ってない皿などが、溢れていて、非常に強い不快感を得るような家だったのもしれません。



「惨憺たる有様」の類語や類義語・言い換え

「惨憺たる有様」の類語や類義語・言い換え

「惨憺たる有様」の類語や類似を紹介します。

  • 「むごい光景」【むごいこうけい】
  • 「おぞましい光景」【おぞましいこうけい】

「むごい光景」【むごいこうけい】

「むごい光景」には、「この世のものとは思えない酷い光景のこと」という意味もあります。

「事件が起こった現場には、むごい光景が、広がっている」などという使い方をします。

「おぞましい光景」【おぞましいこうけい】

「おぞましい光景」には「吐き気を催すような、地獄さながらの光景」という意味があります。

「戦争の映像を見ると、おぞましい光景が、広がっている」などという使い方をします。

icon まとめ

「惨憺たる有様」という言葉について見てきました。

非常に強い不快感や、辛さを覚えるような光景を見た時、また痛ましくて見るに忍びないような様子について話す時に、「惨憺たる有様」という言葉を使ってみましょう。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。