意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「寝惚ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「寝惚ける」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「寝惚ける」という言葉を使った例文や、「寝惚ける」の類語を紹介して行きます。

寝惚ける

Meaning-Book
「寝惚ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「寝惚ける」とは?意味
  • 「寝惚ける」の表現の使い方
  • 「寝惚ける」を使った例文や短文など
  • 「寝惚ける」の類語や類義語・言い換え


「寝惚ける」とは?意味

「寝惚ける」には、「寝起きで頭がもうろうとし、頭が働いていない状態のこと」という意味があります。

また「まだ半分夢の中にいるような無意識状態で、おかしな行動を取ること」という意味もあります。

  • 「寝惚ける」の読み方

「寝惚ける」の読み方

「寝惚ける」の読み方は、「ねぼける」になります。



「寝惚ける」の表現の使い方

「寝惚ける」の表現の使い方を紹介します。

「寝惚ける」には、「寝起きで頭がもうろうとし、頭が働いていない状態のこと」という意味があります。

例えば、学校に行く前の子供が、目が覚めたばかりでぼんやりと机に座っている様子は「学校に行くために起きた子供が、寝惚けている」などと、「寝惚ける」を使って表現できます。

また「寝惚ける」には、「まだ半分夢の中にいるような無意識状態で、おかしな行動を取ること」という意味もあります。

例えば、妻や夫が、眠ったままの状態で起きて、冷蔵庫の中にあるソーセージなどを、無意識で食べているのを見たことがあるかもしれません。

このような様子を、「夫が寝惚けて、ソーセージを食べている」などと「寝惚ける」を使った文章にできます。

「寝惚ける」を使った例文や短文など

「寝惚ける」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「寝惚ける」を使った例文1
  • 「寝惚ける」を使った例文2

「寝惚ける」を使った例文1

「仕事が始まっても『寝惚けていて』しばらく仕事にならない」

この例文には、仕事が始まる時間になっても、頭が働かずぼんやりとしているため、しばらく仕事にならないという意味があります。

このように「寝惚ける」には、「寝起きで頭がもうろうとし、頭が働いていない状態のこと」という意味があります。

みなさんの中にも、目覚めが悪く、このようにいつまでも「寝惚けている」タイプの人がいるかもしれません。

「寝惚ける」を使った例文2

「夢遊病の気があり、『寝惚けて』家の外に行かないか心配になる」

この例文は、夢遊病の気がある人が、無意識のまま起き上がり、おかしな行動を取ったり、家から出て言ってしまわないか、心配しているという意味があります。

このように「寝惚ける」には、「まだ半分夢の中にいるような無意識状態で、おかしな行動を取ること」という意味もあります。



「寝惚ける」の類語や類義語・言い換え

「寝惚ける」の類語や類似を紹介します。

  • 「夢の中」【ゆめのなか】
  • 「起き抜け」【おきぬけ】

「夢の中」【ゆめのなか】

「夢の中」には、「意識はまだ夢を見ている間の世界にいるような寝惚けた状態のこと」という意味があります。

「目は開いているが、彼は夢の中だ」などという使い方をします。

「起き抜け」【おきぬけ】

「起き抜け」には、「寝床から出てすぐ、寝起きのこと」という意味があります。

「起き抜けに水を飲む」には「寝床から出てすぐに水を飲む」という意味があります。

また「起き抜けは頭が動かない」「起き抜けにすぐ動けない」などという使い方をします。

icon まとめ

「寝惚ける」という言葉について見てきました。

目が覚めたばかりで、頭が働かずにぼんやりとしている人を見かけた時、眠ったままの状態で起き上がり、無意識のまま、おかしな行動を取っている人を見た時、「寝惚ける」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。