意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「穿つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「穿つ」という表現は「木材に穴を穿って工作をします」「穿った物の見方をしていました」といった文章で使われていますが、「穿つ」はどのような意味を持っているのでしょうか?

「穿つ」の表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

穿つ

Meaning-Book
「穿つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「穿つ」の意味
  • 「穿つ」の表現の使い方
  • 「穿つ」を使った例文と意味を解釈
  • 「穿つ」の類語や類義語


「穿つ」の意味

「穿つ」という表現は、「物理的に穴を開けたり突き通したりすること」「物事・現象の本質を適切に捉えた表現をすること、掘り下げて本質を解釈すること」を意味しています。

また「穿つ」という表現には、「人情の細かな変化・機微に適切に触れたり表現したりする」という意味もあります。

「穿つ」の古語的な意味には、「押し分けて進む」「新しくて凝った活動をする」「着物(袴)を身に付けたり履物を履いたりする」の意味もあります。

  • 「穿つ」の読み方

「穿つ」の読み方

「穿つ」の読み方は、「うがつ」になります。



「穿つ」の表現の使い方

「穿つ」の表現の使い方を紹介します。

「穿つ」の表現の使い方は、「物理的にさまざまな物に穴を開ける場合、貫通させる場合」に使うという使い方になります。

例えば、「長期間の工事を施工して、山林を切り開いてトンネルを穿ちました」といった文章で使います。

また「穿つ」という表現は、「物事・人情の本質を捉えて的確に表現(言及)する時」にも使えます。

例えば、「彼の穿った見方によって、難しい問題を解決することができました」といった文章で使用できます。

「穿つ」を使った例文と意味を解釈

「穿つ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「穿つ」を使った例文1
  • 「穿つ」を使った例文2

「穿つ」を使った例文1

「長く滴り落ちる雨だれが石を穿つというように、長年の努力は必ず実るはずです」

この「穿つ」を使った例文は、「長くしたたり落ちた雨の水滴が石に少しずつ穴を開けていく」という意味合いで、「穿つ」という表現を使用しています。

「穿つ」を使った例文2

「穿った物事の見方をするという言葉が、近年ではひねくれた(ねじれた)物事の見方をするというように、間違った意味で認識されていることが多いのです」

この「穿つ」を使った例文は、「穿つ」という表現を、「物事の本質を掘り下げる見方をするという言葉が」という意味を持つ文脈で使っています。



「穿つ」の類語や類義語

「穿つ」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「穿孔・貫く」
  • 「掘り下げる・本質を把握する」

「穿孔・貫く」

「穿孔」という表現は「穴が開くこと・穴を開けること」を意味していて、「貫く」の言葉は「穴を開けて貫通すること・意思を曲げずに維持すること」を意味しています。

その意味合いから、穴を開けることを示す「穿つ」とほぼ同じ意味を持つ類語として、「穿孔・貫く」の表現を上げられます。

「掘り下げる・本質を把握する」

「穿つ」という表現は、「物事の本質や人間の感情の機微を掘り下げて、その本質を認識(把握)すること」を意味しています。

この意味から、「掘り下げる・本質を把握する」の表現を、物事の本質を掘り下げて表現することを示す「穿つ」の類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「穿つ」の表現には、「物理的に穴を開けること・貫き通すこと」「物事の本質や人情の機微を的確に捉えて解釈(言及)すること」などの意味があります。

「穿つ」の類語・類義語として、「穿孔・貫く」「掘り下げる・本質を把握する」などがあります。

「穿つ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。