意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「朗報に沸く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「朗報に沸く」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「朗報に沸く」という言葉を使った例文や、「朗報に沸く」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「朗報に沸く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「朗報に沸く」とは?意味
  • 「朗報に沸く」の表現の使い方
  • 「朗報に沸く」を使った例文や短文など
  • 「朗報に沸く」の類語や類義語・言い換え


「朗報に沸く」とは?意味

「朗報に沸く」「朗報」には「喜ばしい知らせ」という意味があります。

また「沸く」には、「感情が高ぶる」「熱狂して騒ぎ立てる」という意味があります。

そのため、「朗報に沸く」には、「喜ばしい知らせに対して、熱狂して騒ぎ立てる」という意味があります。

  • 「朗報に沸く」の読み方

「朗報に沸く」の読み方

「朗報に沸く」の読み方は、「ろうほうにわく」になります。



「朗報に沸く」の表現の使い方

「朗報に沸く」の表現の使い方を紹介します。

「朗報に沸く」には、「喜ばしい知らせに対して、熱狂して騒ぎ立てる」という意味があります。

そのため、たくさんの人が喜ばしい知らせに対して、熱狂して騒ぎ立てる様子を見た時、「朗報に沸く」という言葉を使ってみましょう。

例えば、オリンピックの誘致合戦は、各国が国のプライドを掛けて戦う重要な局面になります。

そして、オリンピック開催地が決まった瞬間、関係者や見守っていた国民が、熱狂して騒ぎ立てる様子がテレビで映し出されます。

このような様子を見た時に、「オリンピック開催が決まり、関係者や国民が朗報に沸く」などと、「朗報に沸く」という言葉を使ってみましょう。

「朗報に沸く」を使った例文や短文など

「朗報に沸く」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「朗報に沸く」を使った例文1
  • 「朗報に沸く」を使った例文2

「朗報に沸く」を使った例文1

「ワールドカップの開催が決まり、国中が『朗報に沸く』が、開催準備があるため浮かれてばかりはいられない」

この例文は、サッカーなどのワールドカップの開催が決まると、国中が喜ばしい知らせに対して盛り上がるが、スタジアムの建設など、様々な開催のための準備があるため、浮かれてばかりもいられないという意味になります。

このように、「朗報に沸く」には、「喜ばしい知らせに対して、盛り上がる」という意味があります。

「朗報に沸く」を使った例文2

「受験に合格し、家族が『朗報に沸く』」

この例文は、子供が大学受験に合格したため、家族中が喜ばしい知らせに対して感情を高ぶらせているという文章になります。

家族は、子供の努力を間近に見ているため、受験に成功すれば、とてもうれしく感じられるでしょう。



「朗報に沸く」の類語や類義語・言い換え

「朗報に沸く」の類語や類似を紹介します。

  • 「小躍りする」【こおどりする】
  • 「沸き上がる」【わきあがる】

「小躍りする」【こおどりする】

「小躍りする」には、「物事がうまく運んで、嬉しがること」という意味があります。

「告白が成功し、小躍りする」などという使い方をします。

「沸き上がる」【わきあがる】

「沸き上がる」には「興奮した雰囲気が高まる」という意味があります。

「ゴールが決まって会場が沸き上る」という文章には、「応援しているチームのゴールが決まって、会場の興奮した雰囲気が高まる」という意味があります。

icon まとめ

「朗報に沸く」という言葉について見てきました。

喜ばしい知らせに対して、熱狂して騒ぎ立てる様子を見た時、「朗報に沸く」という言葉を使ってみましょう。