意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「認め合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「認め合う」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「認め合う」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「認め合う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「認め合う」の意味
  • 「認め合う」の表現の使い方
  • 「認め合う」を使った例文と意味を解釈
  • 「認め合う」の類語や類義語


「認め合う」の意味

「認め合う」という言葉には「互いに違いを見て認識する」という意味もありますし、「互いを才能あるものと評価する」という意味もあります。

一般的には、「お互いの価値を認め合う」などと使われることが多いです。

例えば、学校教育にも子供たちの人間関係の形成において「お互いの良さを認め合う」ということが重視されることもあります。

職場でも、「お互いの才能を認め合う」ことが求められます。

  • 「認め合う」の読み方

「認め合う」の読み方

「認め合う」の読み方は、「みとめあう」になります。

教育などでも重要な表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「認め合う」の表現の使い方

「認め合う」の表現の使い方を紹介します。

「認め合う」には「お互いを認識する」という意味もありますし、「互いの才能を評価する」という意味もあります。

例えば、子供の社会見学などでは迷子にならないようにペアを作り、お互いを「認め合う」ように奨励します。

もしもペアがいなくなってしまった場合、すぐに気付けるようにするシステムだといえます。

また、お互いを「認め合う」ことでお互いの良さを認識する、ということも大切です。

「認め合う」を使った例文と意味を解釈

「認め合う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「認め合う」を使った例文1
  • 「認め合う」を使った例文2

「認め合う」を使った例文1

「互いに認め合うことで、子供たちは自分の存在を認識するようになります」

人間関係を構築するには、相手の存在や相手の才能ばかりを認めるだけではいけません。

お互いに「認め合う」ことで子供たちは自分の存在を認められるようになります。

自分で自分のことはなかなか分かりませんが、周りの人が自分を止めることで、子供たちは自分に自信をつけていくのです。

だからこそ、お互いに「認め合って」いかなければいけません。

「認め合う」を使った例文2

「自分らしさを認め合うことが大切です」

特に小さいうちは、周りを見て自分を判断してしまうこともあり、どうしても自分らしさがなくなってしまうこともあります。

しかし、子供たちに自分らしさを「認め合う」ように奨励することで、子供たちは自分の長所や短所を認識するようになります。

自分の短所も自分らしさなのだと「認め合う」ようにしなければいけません。



「認め合う」の類語や類義語

「認め合う」の類語や類義語を紹介します。

  • 「互いに認める」【たがいにみとめる】
  • 「尊重し合う」【そんちょうしあう】

「互いに認める」【たがいにみとめる】

「互いに認める」というのは「互いに相手を好敵手として評価する」という意味になります。

「相互に認める」と言われることもあります。

「互いの実力を高く評価する」などと言われることもあります。

「尊重し合う」【そんちょうしあう】

「尊重し合う」というのは「互いに価値あるものを、尊いものとして大切に扱う」ということになります。

「尊重」という表現には「尊いものとして重んずる」という意味があります。

icon まとめ

「認め合う」事は非常に大切です。

子供たちにも、お互いを「認め合う」ことの重要さを教えていきたいものです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。