意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「粘り強い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「粘り強い」という言葉を耳にした時に、「自分も常にそうありたい」と心がけているのではないかと思います。

この言葉には、その人の強い意思を表したり、常に前向きな姿勢を持っていることの印象があります。

そこで今回は、この「粘り強い」という言葉にフォーカスして行くことにします。

粘り強い

Meaning-Book
「粘り強い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「粘り強い」の意味
  • 「粘り強い」の表現の使い方
  • 「粘り強い」を使った例文と意味を解釈
  • 「粘り強い」の類語や類義語


「粘り強い」の意味

「粘り強い」「根気が強い」「よく頑張る」という意味があります。

  • 「粘り強い」の読み方

「粘り強い」の読み方

「粘り強い」「ねばりづよい」という読み方になりますので、ここでしっかりとチェックしておくことにしましょう。



「粘り強い」の表現の使い方

「粘り強い」「決してへこたれず頑張る」という意味がありますので、どんなに大変なことが待ち構えていたとしても、決して弱音を吐かずに頑張る姿を指したり、コツコツと努力を積み重ねることで、踏ん張ることができる人を指して使うことになります。

「粘り強い」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「粘り強い」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「粘り強い」を使った例文1
  • 「粘り強い」を使った例文2

「粘り強い」を使った例文1

「彼は粘り強い性格なので、他の人ができないような困難なことでも、決してギブアップせずに立ち向かう強さがあります」

「粘り強い」性格を持っている人は、ちょっとしたことで弱音を吐くことはありません。

この例文の「彼」「粘り強い」性格の持ち主であることを誰もが知っているので、困難なことでも、やり遂げることを知っているのです。

「粘り強い」を使った例文2

「彼は勤勉なので、粘り強く仕事を続けてやり遂げる人です。そのために誰からも信頼されています」

他人から信頼される人の要素には、「粘り強い」ということも含まれています。

「粘り強い」人であれば、仕事において、決して諦めることなく、努力を重ねて、最後には大きな成果を生み出すのです。



「粘り強い」の類語や類義語

「粘り強い」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「辛抱強い」【しんぼうづよい】
  • 「我慢強い」【がまんづよい】

「辛抱強い」【しんぼうづよい】

「辛抱強い」「粘り強い」の類義語として挙げることができます。

「諦めずにる姿勢」という意味があり、やはり「粘り強い」と共に、決して諦める諦めることのない姿勢を持っている人を指して使われています。

「我慢強い」【がまんづよい】

「我慢強い」「粘り強い」に近い意味があり、「精神的な強さを持っているさま」という意味になります。

怪我をしても、痛さを我慢して、平気な顔をしている人をイメージできます。

icon まとめ

「粘り強い」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、このような姿勢を持っている人は、ビジネスの世界では、大きな活躍をしている人が多いでしょう。

普通の人であれば、すぐに手を上げて諦めるところですが、「粘り強い」人は、最後まで諦めずにやり遂げる強さがあります。

私達もこのような人を見習いたいものです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。