意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「挙げ句の果て」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「挙げ句の果て」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「挙句の果て」という言葉を使った例文や、「挙句の果て」の類語を紹介して行きます。

挙げ句の果て

Meaning-Book
「挙げ句の果て」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「挙げ句の果て」とは?意味
  • 「挙げ句の果て」の表現の使い方
  • 「挙げ句の果て」を使った例文や短文など
  • 「挙げ句の果て」の類語や類義語・言い換え


「挙げ句の果て」とは?意味

「挙げ句の果て」には、「最後の最後には」「とどのつまり」という意味があります。

  • 「挙げ句の果て」の読み方

「挙げ句の果て」の読み方

「挙げ句の果て」の読み方は、「あげくのはて」になります。

「挙げ句」「あげく」「果て」「はて」と読みます。



「挙げ句の果て」の表現の使い方

「挙げ句の果て」の表現の使い方を紹介します。

「挙げ句の果て」には、「最後の最後には」「とどのつまり」という意味があります。

そのため、物事の最後の最後に何かが起こった時、「挙げ句の果て」という言葉を使ってみましょう。

例えば、最近、ついていないという男性がいるかもしれません。

会社をクビになり、投資に失敗し、最後の最後に、彼女が浮気をして、浮気相手と逃げてしまったという悲しいエピソードがあった時、「彼は会社をクビになり、投資に失敗し、挙げ句の果てに、浮気相手に彼女を取られた」などと、「挙句の果て」という言葉を使って文章にしてみましょう。

「挙げ句の果て」を使った例文や短文など

「挙げ句の果て」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「挙げ句の果て」を使った例文1
  • 「挙げ句の果て」を使った例文2

「挙げ句の果て」を使った例文1

「彼は遅刻を続け、『挙句の果て』に、無断で会社を休むようになった」

この例文は、遅刻を続けていた社員が、最後の最後には、会社を無断欠勤するようになったという意味があります。

このように「挙句の果て」には、「最後の最後に」という意味があります。

さらに時間が経過すると、この社員はクビになるか、自主退社するかもしれません。

「挙げ句の果て」を使った例文2

「浮気を続けた彼氏が、『挙句の果て』に、浮気相手と結婚した」

この例文は、浮気を続けるダメなタイプの彼氏が、最後の最後には、浮気相手と結婚してしまったという文章になります。

彼女としては、怒りを通り越して唖然としてしまったかもしれません。

ただし、この男性は結婚後も浮気すると予想されるため、この段階で別れられて良かったかもしれません。



「挙げ句の果て」の類語や類義語・言い換え

「挙げ句の果て」の類語や類似を紹介します。

  • 「詰まる所」【つまるところ】
  • 「結局」【けっきょく】

「詰まる所」【つまるところ】

「詰まる所」には、「結局」という意味があります。

「詰まる所、私のせいで、この仕事は失敗に終わった」などという使い方をします。

「結局」【けっきょく】

「結局」には、「いろいろな経過を経て、落ち着いた最後」という意味があります。

「結局、二人は結婚した」という場合は、「色々な経過を経て、結婚するという話に落ち着いた」という意味があります。

icon まとめ

「挙げ句の果て」という言葉について見てきました。

物事の最後の最後に起きた出来事に対して、「挙句の果て」という言葉を使ってみましょう。