意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「忠告を受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「忠告を受ける」という表現は「先輩から口の聞き方について忠告を受けた」「忠告を受けて気づいた」といった文章で使われますが、具体的にどのような意味があるのでしょうか?

「忠告を受ける」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、分かりやすく解説していきます。

Meaning-Book
「忠告を受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「忠告を受ける」とは?意味
  • 「忠告を受ける」の表現の使い方
  • 「忠告を受ける」を使った例文と意味を解釈
  • 「忠告を受ける」の類語や類義語


「忠告を受ける」とは?意味

「忠告を受ける」という表現は、「自分の欠点・間違い・過ちを指摘(注意)されて戒められること、助言され諭されること」を意味しています。

「忠告を受ける」というのは、「(主に自分のためを思ってくれている目上の人から)自分の不十分な点や至らない言動を改めるようにと指摘されたり警告(注意)されたりすること」を意味している表現なのです。

  • 「忠告を受ける」の読み方

「忠告を受ける」の読み方

「忠告を受ける」の読み方は、「ちゅうこくをうける」になります。



「忠告を受ける」の表現の使い方

「忠告を受ける」の表現の使い方を紹介します。

「忠告を受ける」の表現の使い方は、「先輩・先生などの目上の人から、自分の欠点・問題や至らない部分を指摘されて注意・警告された場合」に使うという使い方になります。

例えば、「先生に生活態度の悪さについて忠告を受けたので、できることから改善するつもりです」といった文章で使用できます。

「忠告を受ける」を使った例文と意味を解釈

「忠告を受ける」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「忠告を受ける」を使った例文1
  • 「忠告を受ける」を使った例文2

「忠告を受ける」を使った例文1

「尊敬している人から忠告を受けることによって、自分の未熟な部分を成長させることができます」

この「忠告を受ける」を使った例文は、「尊敬している人からダメな部分について注意・助言を受ける」といった意味合いで、「忠告を受ける」の表現を使っています。

「忠告を受ける」を使った例文2

「先生から基本的なあいさつや礼儀作法がなっていないという忠告を受けました」

この「忠告を受ける」を使った例文では、「忠告を受ける」の表現を、「基本的なあいさつや礼儀作法がきちんとできていないという注意・警告を受けた」という意味で使用しています。



「忠告を受ける」の類語や類義語

「忠告を受ける」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「助言を受ける・アドバイスを受ける」
  • 「叱責を受ける・警告される」

「助言を受ける・アドバイスを受ける」

「忠告を受ける」という表現は、「自分の欠点・問題や不十分な点について指摘され、こうしたらいいという助言(アドバイス)を受けること」を意味しています。

その意味から、「忠告を受ける」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「助言を受ける・アドバイスを受ける」の表現を上げられます。

「叱責を受ける・警告される」

「忠告を受ける」という表現は、「自分の欠点・短所・過ちを指摘されて、叱責を受けたり警告されたりすること」を意味しています。

「警告される」の意味は、「良くない事態・問題などがあることを告げて知らせること」になります。

この意味合いから、「叱責を受ける・警告される」の表現を、「忠告を受ける」の類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「忠告を受ける」の表現には、「自分のためを思ってくれている目上の人(先輩)などから、自分の欠点・間違い・過ちなどを指摘されて戒められること」などの意味があります。

「忠告を受ける」の類語・類義語として、「助言を受ける・アドバイスを受ける」「叱責を受ける・警告される」などがあります。

「忠告を受ける」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。