意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大事に至らない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「大事に至らない」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「大事に至らない」という言葉を使った例文や、「大事に至らない」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「大事に至らない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「大事に至らない」とは?意味
  • 「大事に至らない」の表現の使い方
  • 「大事に至らない」を使った例文や短文など
  • 「大事に至らない」の類語や類義語・言い換え


「大事に至らない」とは?意味

「大事に至らない」には、「致命的で深刻な事態にはならない」という意味があります。

  • 「大事に至らない」の読み方

「大事に至らない」の読み方

「大事に至らない」の読み方は、「だいじにいたらない」になります。



「大事に至らない」の表現の使い方

「大事に至らない」の表現の使い方を紹介します。

「大事に至らない」には、「致命的で深刻な事態にはならない」という意味があります。

そのため何か問題が起こったものの、致命的な状況にならなかったという場面で、「大事に至らない」という言葉を使ってみましょう。

例えば、高価な茶碗を床に落としてしまったものの、割れずに傷もつかなかった場合、「茶碗を落としてしまったが、大事に至らなかった」「大事に至らない」を使って文章を作れます。

「大事に至らない」を使った例文や短文など

「大事に至らない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「大事に至らない」を使った例文1
  • 「大事に至らない」を使った例文2

「大事に至らない」を使った例文1

「交通事故に遭ったが、手を骨折しただけで、『大事に至らなかった』」

この例文は、交通事故に遭ってしまったものの、手を骨折しただけで済み、命に別状はなかったという文章になります。

このように致命的なことにならなかった時、「大事に至らない」という言葉を使います。

死んでもおかしくないような事故で、軽いけがで済めば、「大事に至らなかった」と言えるでしょう。

「大事に至らない」を使った例文2

「仕事でミスをしてしまったが、すぐに先輩がフォローしてくれて、『大事に至らなかった』」

この例文は、仕事でミスをしてしまったものの、先輩のフォローがあって、致命的な状況にならずに済んだという文章になります。

失敗は早く気づき、適切な処理をすれば、大きな問題にならないため、隠さない方がいいかもしれません。



「大事に至らない」の類語や類義語・言い換え

「大事に至らない」の類語や類似を紹介します。

  • 「大きな問題にならない」【おおきなもんだいにならない】
  • 「深刻な事態は免れる」【しんこくなじたいはまぬがれる】

「大きな問題にならない」【おおきなもんだいにならない】

「大きな問題にならない」には「深刻な問題にならずに済む」という意味があります。

「不倫が発覚したが、幸い大きな問題にならずに済んだ」などという使い方をします。

「深刻な事態は免れる」【しんこくなじたいはまぬがれる】

「深刻な事態は免れる」という言葉には、「致命的な状況にならずに済む」という意味があります。

「両国の関係が悪化したが、深刻な事態は免れた」などという使い方をします。

icon まとめ

「大事に至らない」という言葉について見てきました。

アクシデントが起こった時に、致命的な状況にならなかったと感じた時、「大事に至らない」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。