意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「暗黙のルール」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

オフィスで「暗黙のルール」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「暗黙のルール」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「暗黙のルール」とは?意味
  • 「暗黙のルール」の表現の使い方
  • 「暗黙のルール」を使った例文と意味を解釈
  • 「暗黙のルール」の類語や類義語


「暗黙のルール」とは?意味

「暗黙のルール」の意味は、「はっきりと言われたり、文章で明言されている訳ではないが、自然に誰もが従っている決まりごとのこと」です。

特に誰かから言われたり、書面で説明されている訳ではないけれども、その場所に所属している人達が皆了承していることを言います。

その様なルールができる要因として「常識的に考えて誰もがそう思うから」「人のプライベートに関係することで不用意に言葉にできないから」というものがあります。

うっかりそれを知らずに破ってしまうと周囲から冷たい目で見られたり、孤立してしまうこともあるのです。

  • 「暗黙のルール」の読み方
  • 「暗黙のルール」と「暗黙の了解」の違い

「暗黙のルール」の読み方

「暗黙のルール」の読み方は、「あんもくのるーる」になります。

社会人として使う機会もあるので、読める様にしておいた方がいいでしょう。

「暗黙のルール」と「暗黙の了解」の違い

「暗黙のルール」と似た言葉に「暗黙の了解」があります。

「暗黙のルール」「黙っていても誰もが知っている決まりごと」という意味があります。

オフィスや特定のグループで行動する時のルールのことを言います。

「暗黙の了解」「内容が禁忌である為に誰も口に出さないでも理解すること」という意味です。

「行動が伴うか、頭で理解することか」という点で使分ける様にしましょう。



「暗黙のルール」の表現の使い方

「暗黙のルール」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 特定の集団に使う

文法的な使い方

「暗黙のルール」は名詞で、形容動詞として「暗黙のルールだ・である」と使ったり、動詞を伴って「暗黙のルールがある」と使います。

特定の集団に使う

「暗黙のルール」は、特定の組織や集団の中で生じるルールに使います。

その組織や集団の中でしか通用しないもので、他の集団に行けば全く通用しないこともあります。

「暗黙のルール」を使った例文と意味を解釈

「暗黙のルール」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「暗黙のルール」を使った例文1
  • 「暗黙のルール」を使った例文2

「暗黙のルール」を使った例文1

「野球ではピッチャーが大袈裟にガッツポーズをしてはいけない暗黙のルールがある」

野球では、相手チームに敬意を表する為に、明言されていない様々な決まりごとがあります。

ピッチャーは三振を取った後筋ガッツポーズをするのはマナー違反とされています。

「暗黙のルール」を使った例文2

「プロレスはロープに投げられたら戻って来るのが暗黙のルールだ」

プロレスは相手の攻撃を正面から受けることが美学のエンターテインメントで、ロープに投げられたら戻ってくるのがマナーです。



「暗黙のルール」の類語や類義語

「暗黙のルール」の類語や類義語を紹介します。

  • 「不文律」【ふぶんりつ】
  • 「紳士協定」【しんしきょうてい】

「不文律」【ふぶんりつ】

「文章化されていないきまり」という意味です。

「紳士協定」【しんしきょうてい】

「文章にせずにお互いの信頼関係で結ぶ約束のこと」という意味です。

icon まとめ

「暗黙のルール」「はっきりと言われたり、文章で明言されている訳ではないが、自然に誰もが従っている決まりごとのこと」という意味です。

オフィスで文章になくても誰もが知っているルールに使いましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。