意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「枚挙」とは?意味や使い方!例文や解釈

「枚挙」という表現は、「枚挙に暇がない」という慣用句や「あなたの欠点を枚挙する」といった文章で使われる言葉です。

この「枚挙」の言葉には、具体的にどのような意味があるのでしょうか?

「枚挙」「意味・読み方・使い方・枚挙を使った言葉・例文・類義語・英語」などについて、解説していきます。

Meaning-Book
「枚挙」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「枚挙」とは?
  • 「枚挙」の表現の使い方
  • 「枚挙」を使った言葉と意味を解釈
  • 「枚挙」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「枚挙」と「列挙」の意味の違い
  • 「枚挙」の類語や類義語・言い換え
  • 「枚挙」の英語と解釈


「枚挙」とは?

「枚挙」という表現は、「物事をいちいち数え上げること」「特徴・長所(短所)などをわざわざ数え上げること」を意味しています。

「枚挙」というのは、「物事・現象・事例・特徴・長短などを、一つ一つ挙げて数えたてること」を意味している表現なのです。

例えば、「ペンギンの持つ鳥類としての特徴を枚挙しました」といった文章で、「枚挙」の意味を分かりやすく示すことができます。

  • 「枚挙」の読み方

「枚挙」の読み方

「枚挙」の読み方は、「まいきょ」になります。



「枚挙」の表現の使い方

「枚挙」の表現の使い方は、「物事・事例・現象・特徴などについて、一つ一つ挙げて数え上げる場合。

いちいち数えたてる場合」
に使うという使い方になります。

例えば、「彼女の複雑な性格については、その長所も短所も枚挙すれば終わりがない」「あの人の昔の面白エピソードは、枚挙に暇がないほどです」といった文章で、「枚挙」という表現を適切に使用することができます。

「枚挙」を使った言葉と意味を解釈

「枚挙」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「枚挙する」【まいきょする】
  • 「枚挙に暇がない」【まいきょにいとまがない】
  • 「枚挙した事例」【まいきょしたじれい】

「枚挙する」【まいきょする】

「枚挙する」という表現は、「対象とする物・事例などを、いちいち一つ一つ数え上げること」を意味しています。

例えば、「今日の理科の授業では、先生から哺乳類や鳥類、爬虫類といった脊椎動物の特徴を枚挙するように言われました」といった文章で、この言葉を使用することができます。

「枚挙に暇がない」【まいきょにいとまがない】

「枚挙に遑がない・枚挙に暇がない」という慣用的な表現は、「数が多すぎて、いちいち数え切れないこと」「一つ一つ数えられないほどにその数が多いさま」を意味しています。

「遑がない(暇がない)」の表現は、「それをする暇(時間)がないこと」を示しています。

例えば、「嫌な出来事を思い出せば枚挙に暇(遑)がない」「枚挙に暇がないほど素晴らしい点がたくさんあります」といった文章で使えます。

「枚挙した事例」【まいきょしたじれい】

「枚挙した事例」という表現は、「過去に一つ一つの例を挙げながら数えたてた事例」「すでに、いちいちその数を数え上げた事例」のことを意味しています。

例えば、「先ほど枚挙した事例の質・量が不足しているというのであれば、遠慮なくおっしゃって下さい」といった文章で使われます。



「枚挙」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「枚挙」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「枚挙」を使った例文1
  • 「枚挙」を使った例文2

「枚挙」を使った例文1

「その商品に本当に自信があるのであれば、他の商品にはない特長・利点を枚挙してみてください」

この「枚挙」を使った例文は、「枚挙」という表現を、「その商品の特長・利点を、一つ一つ挙げて数え上げること」という意味合いで使っています。

「枚挙」を使った例文2

「彼が過去に挙げた素晴らしい成績は、枚挙に暇がありませんでした」

この「枚挙」を使った例文は、「彼の過去の素晴らしい成績はあまりに数が多すぎて、いちいち数え切れない」といった意味で、「枚挙(枚挙に暇がない)」の表現を使用しています。

「枚挙」と「列挙」の意味の違い

「枚挙」「列挙」の意味の違いは、「枚挙」という表現は「物事・事例・特徴などを、いちいち(一つ一つ)数え上げること」を意味していますが、「列挙」という表現は「ある程度の秩序・順番・系統を考えて、一つ一つ数え上げること」を意味しているという違いがあります。

「枚挙」の表現は「物事をただ数え立てること・数える物が多いこと」を意味していますが、「列挙」という表現は「物事を系列立てて数えること」を意味しているという違いがあります。

また、「枚挙に暇がない」という慣用句はありますが、「列挙に暇がない」という慣用句はありません。

「枚挙」の類語や類義語・言い換え

「枚挙」の類語・類義語・言い換えを紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「列挙・羅列」
  • 「数え上げる・並べ立てる」
  • 「箇条書き」【かじょうがき】

「列挙・羅列」

「枚挙」の類語・言い換えとして、「列挙・羅列」があります。

「列挙」という表現は、「物事をある程度系統立てて数え上げること、並べ立てること」を意味しています。

「羅列」の表現は、「多くのものを、連ねて並べること」を意味しています。

これらの意味から、「枚挙」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「列挙・羅列」の表現を上げることができるのです。

「数え上げる・並べ立てる」

「枚挙」の類義語・言い換えには、「数え上げる・並べ立てる」があります。

「枚挙」という表現は、「複数の物事・特徴・事例などを、いちいち数え上げること。

一つ一つ並べ立てること」
を意味しています。

それらの意味合いから、「枚挙」の表現は、「数え上げる・並べ立てる」という表現に言い換えることができるのです。

「箇条書き」【かじょうがき】

「枚挙」の類語・言い換えとして、「箇条書き」があります。

「箇条書き」という表現は、「複数の項目・内容を一つ一つ並べて書いていく書き方」「各項目を短文で分かりやすく並べ立てて系統的に書く書き方」を意味しています。

その意味合いから、物事を一つ一つ並べ立てることを意味する「枚挙」と良く似た意味を持つ類義語として、「箇条書き」を指摘できます。

「枚挙」の英語と解釈

「枚挙」という言葉を英語で表現すると、以下のようになります。

“enumerate~”(~を数え立てる・~を枚挙する)

“count over~”(~を数え上げる・~を枚挙する)

“list~”(~を数え上げる、並べ立てる・~を枚挙する)

“There are too many frustrated cases to enumerate(count).”

「枚挙」という言葉を使ったこの英語の例文は、「挫折してしまった事例は枚挙に暇(遑)がありません」ということを意味しています。

icon まとめ

この記事で解説した「枚挙」の表現には、「物事・特徴・事例をいちいち数え上げること、並べ立てること」などの意味があります。

「枚挙」の類語・類義語として、「列挙・羅列」「数え上げる・並べ立てる」「箇条書き」などがあります。

「枚挙」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。