意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「再三の注意を払う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

仕事をしていると漏れやミス・失敗をしないように意識する人が多いです。

また他にも生活の中で気を付ける機会は多く、時に「再三の注意を払う」という言葉が適応する場合があります。

しかし正しくどのような意味か理解しないまま使っている人も多く、ただ正しい使い方を紹介していきます。

Meaning-Book
「再三の注意を払う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「再三の注意を払う」とは?意味
  • 「再三の注意を払う」の表現の使い方
  • 「再三の注意を払う」を使った例文と意味を解釈
  • 「再三の注意を払う」の類語や類義語


「再三の注意を払う」とは?意味

「再三の注意を払う」という言葉は繰り返し細かく注意を払うという意味となります。

ここでの「再三」とは同じことを二度三度行うという意味を持ちます。

そこから意味が転じ、「繰り返し」という意味合いで用いられています。

そして「注意を払う」とは意識を向ける・気を付けるといった意味と再三の注意を払うなります。

それらが合わさることで、より細かく見逃さないように気を付けるという意味となります。

  • 「再三の注意を払う」の読み方

「再三の注意を払う」の読み方

「再三の注意を払う」の読み方は、「さいさんのちゅういをはらう」になります。

「再三」「注意」はそれぞれ音読み・「払う」は訓読みでの読み方です。



「再三の注意を払う」の表現の使い方

「再三の注意を払う」という言葉は気を付ける・意識を向けるといった意味合いを持ちますが、その使い方としては通常よりもより入念・細かくという意味合いを込めた使い方となります。

そのため些細なことに使うことは少なくミスができない場面や内容・繰り返しミスをする人に対しての監視・指導といった場面で用いられます。

「再三の注意を払う」を使った例文と意味を解釈

「再三の注意を払う」という言葉は様々な場面で用いられますが、使い方を誤ると誤解を生んだり、大事になってしまいかねません。

実際にどのような使い方となるか、例文を紹介していきます。

  • 「再三の注意を払う」を使った例文1
  • 「再三の注意を払う」を使った例文2

「再三の注意を払う」を使った例文1

「今回のケースは何度も繰り返されているケアレスミスだ。これ以上繰り返さないように再三の注意を払うように」

この場合、周囲に対しての注意喚起・警告の意味を込めて用いられています。

同じ内容・ケースについて何度もミスが繰り返されています。

またケアレスミスとあることから注意すれば防げる内容でもあり、毎度より意識して気を付けるようにという意味で用いられています。

「再三の注意を払う」を使った例文2

「君はいつも仕事を雑にするから困っている。漏れがないように毎回再三の注意を払うことが必要だよ」

この場合、君とされる人物への指導の意味で用いられています。

仕事に対しての対応に不備があり、漏れを繰り返しています。

そのため繰り返しの意識づけ・注意喚起の意味合いでも用いられています。



「再三の注意を払う」の類語や類義語

「再三の注意を払う」という言葉には関連した言葉も多く、類語も対義語も存在しています。

それぞれどのような言葉があるか例を紹介していきます。

  • 「念入りに確認」
  • 「凡ミスが続く」

「念入りに確認」

「念入り」とはより注意深く意識を向けるということを意味します。

そして多くの場合は一回ではなく反復して行うことが多く、その内容は後に続く「確認」となります。

そのため何度も十分なほどに確認すると解釈され類語とされています。

「凡ミスが続く」

「凡ミス」とは軽率・つまらないミスを意味しており、不注意により起こることが多いです。

そしてそれが「続く」とあることから気を付けていない・意識していないためにミスが続いているとなり、対義語となります。

icon まとめ

「再三の注意を払う」という言葉は様々な場面で用いられています。

しかし特に注意深くなる・気を付ける場面に適応するため乱用すると事の内容や程度の大きさなど誤解を生みかねません。

そのため適材適所で使いこなすことが求められます。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。