意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「建前」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「建前」という言葉を普段の会話の中で、使う機会があるかと思います。

しかし、この「建前」の使い方は意外と難しく、社会人になったばかりの人にとっては、悩ましい言葉の1つかもしれません。

そこで今回は、「建前」にフォーカスして、色々な観点から考察していきたいと思っています。

Meaning-Book
「建前」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「建前」とは?意味
  • 「建前」の表現の使い方
  • 「建前」を使った例文と意味を解釈
  • 「建前」の類語や類義語


「建前」とは?意味

まず「建前」の意味を見てみることにしますが、元々は、「家屋建築の主要な柱や梁などを組み上げること」や、「その時に行う祝い事」という意味がありました。

それから意味が転じて「基本となる方針」「原則」、あるいは「表向きの方針」という意味になりました。

  • 「建前」の読み方

「建前」の読み方

「建前」「たてまえ」という読み方になりますが、特にビジネス業界に身を置く日とにとっては、忘れてはならないキーワードになるので、しっかりとチェックしておきましょう。



「建前」の表現の使い方

「建前」とは「表向きの方針」という意味合いで使われることが多いので、「本音と建前」というように、表向きは最もらしいことを言いながら、本音は全く異なることを考えているような場面で使われることになります。

「建前」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「建前」を使った例文を見ながら、具体的名活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「建前」を使った例文1
  • 「建前」を使った例文2

「建前」を使った例文1

「政治家のほとんどが、巧みに本音と建前を使い分けて、国民を納得させている。これも彼らならではの能力なのかもしれません」

「建前」という言葉を使い方では、「本音と建前」という言い回しがよくされます。

特に政治家の人達は、この使い分けに長けていますが、国の政策を打ち出す場合でも、本音とは裏腹に、みんなが納得できる「建前」を言いながら推し進めることも、その一例と言えるでしょう。

「建前」を使った例文2

「建前上は、一般の人は入ることができない禁止区域なのですが、実際には何の問題もなく、立ち入っているのが、現状だ」

このような場面でも「建前」が使われています。

入ることができない立ち入り禁止エリアでも、管理している組織が見て見ぬふりをして、実際には問題なく入れるというような場所がたくさんあります。



「建前」の類語や類義語

「建前」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「面目」【めんもく】
  • 「表向き」【表向き】

「面目」【めんもく】

「面目」という言葉も「建前」に近い意味を持っている類義語の1つに数えられます。

「世間の人に合わせる顔」「体面」「体裁」などの意味がありますが、特に社会的地位の高い人ほど、この「面目」を気にするものです。

「面目丸潰れ」「面目が立たない」ということを大変嫌います。

「表向き」【表向き】

「表向き」という言葉もありますが、「公然たること」「実際はともかくも、表面上のこと」「上部」(うわべ)という意味になります。

icon まとめ

「建前」という言葉を見てきましたが、この言葉が使われる裏には、必ず本当のことが隠されていますので、物事の真実をしっかりと見極めることが必要です。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。