意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「穏やかな気持ち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「穏やかな気持ち」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「穏やかな気持ち」という表現について詳しく紹介していきます。

穏やかな気持ち

Meaning-Book
「穏やかな気持ち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「穏やかな気持ち」とは?意味
  • 「穏やかな気持ち」の表現の使い方
  • 「穏やかな気持ち」を使った例文と意味を解釈
  • 「穏やかな気持ち」の類語や類義語


「穏やかな気持ち」とは?意味

「穏やかな気持ち」というのは「緊張や焦りから解放され、心が穏やかな状態である」という意味になります。

「穏やか」という言葉には「ほのぼのとしている」「のほほんとしている」という意味があり、「穏やかな気持ち」という事は心「配事や焦りなどがなく、落ち着いた気持ち」ということになります。

不安や緊張などがないと、落ち着いていられますよね。

そのような時に「穏やかな気持ち」といえます。

  • 「穏やかな気持ち」の読み方

「穏やかな気持ち」の読み方

「穏やかな気持ち」の読み方は、「おだやかなきもち」になります。

ぜひ覚えておきたい言い回しの1つです。



「穏やかな気持ち」の表現の使い方

「穏やかな気持ち」の表現の使い方を紹介します。

疲れが溜まっていたり、ストレスが溜まっていたりすると気持ちが落ち着かないですよね。

仕事で大切なプレゼンや会議を控えていると、それに向けて緊張していることもあるかもしれません。

そのような状態ではなく、落ち着いてその時間が楽しめている、ゆったりとした気持ちで過ごせている、ということであればそれは「穏やかな気持ち」ということになります。

不安や心配事がなく、落ち着いた気持ちを表します。

「穏やかな気持ち」を使った例文と意味を解釈

「穏やかな気持ち」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「穏やかな気持ち」を使った例文1
  • 「穏やかな気持ち」を使った例文2

「穏やかな気持ち」を使った例文1

「プレゼンが終わり、彼女は久しぶりに穏やかな気持ちを味わった」

仕事などでプレゼンが終わると、一安心だと感じる人もいるのではないでしょうか。

プレゼンは準備にも時間がかかりますし、認めてもらえなかったらどうしようなどと不安を感じることもありますよね。

しかし、そのような会議が終わればほっと一安心で、やっとゆっくり休めるなどと感じる人もいるかもしれませんね。

「穏やかな気持ち」を使った例文2

「穏やかな気持ちでハーブティーを飲むのが日課です」

どれだけ忙しかったとしても、寝る前にはハーブティーなどを飲みながらゆっくりしたい、と感じる人もいるのではないでしょうか。

忙しい時こそ、自分をいたわる時間が欲しいですよね。

忙しすぎて休む時間もなければ、逆に疲れが溜まってしまう可能性もあります。

ストレスが溜まったり疲れが溜まったりすると体にも支障が出てしまう可能性もありますので、1日1回は自分をいたわる時間を持ちましょう。



「穏やかな気持ち」の類語や類義語

「穏やかな気持ち」の類語や類義語を紹介します。

  • 「不安がない」【ふあんがない】
  • 「心配ない」【しんぱいない】

「不安がない」【ふあんがない】

「不安がない」というのは「不安がることなくいること」「安心できる」「心残りになる要素がない」「憂いがない」という意味です。

何の心配もない時に「不安がない」と言えますね。

「心配ない」【しんぱいない】

「心配ない」というのは「不安や気がかりを抱くことがない」という意味になります。

誰かを励ます時にも「心配ないよ」と言えますね。

icon まとめ

「穏やかな気持ち」というのは穏やかな生活をする上で非常に大切です。

落ち着いた生活をしたいですね。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。