意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「並外れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「並外れる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「並外れる」という言葉を使った例文や、「並外れる」の類語を紹介して行きます。

並外れる

Meaning-Book
「並外れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「並外れる」とは?意味
  • 「並外れる」の表現の使い方
  • 「並外れる」を使った例文や短文など
  • 「並外れる」の類語や類義語・言い換え


「並外れる」とは?意味

「並外れる」には、「普通とは際立って、かけ離れていること」という意味があります。

性質や能力、規模などが、普通の物事と、大きく違うという意味が、「並外れる」にはあります。

  • 「並外れる」の読み方

「並外れる」の読み方

「並外れる」の読み方は、「なみはずれる」になります。



「並外れる」の表現の使い方

「並外れる」の表現の使い方を紹介します 「並外れる」には、「普通とは際立って、かけ離れていること」という意味があるため、そのような様子を見た時に、使ってみましょう。

例えば運動能力が、普通とは際立って、かけ離れて高い時に、「並外れて運動能力が高い」などと言います。

このように、性質や能力、規模が、普通と大きく違う様子を見た時に、「並外れる」を使いましょう。

「並外れる」を使った例文や短文など

「並外れる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「並外れる」を使った例文1
  • 「並外れる」を使った例文2

「並外れる」を使った例文1

「全国クラスのランナーが揃った陸上部の中でも、彼は『並外れて』足が速い」

この例文は、インターハイやインカレで活躍できる選手が揃った陸上部の中で、特に足が速い男性についての文章になります。

一緒に並んで走ったら、はなはだしい差をつけるほど足が速い様子を「並外れて足が速い」と言います。

「並外れる」を使った例文2

「彼女は、『並外れた』スタイルの持ち主のため、モデルになれるかもしれない」

この例文に登場する女性は、世間一般の女性のレベルとははなはだしくかけ離れた、美しいスタイルの持ち主になります。

そのため、モデルになれると周囲の人が思っています。

このように、一般の人とはなはだしくかけ離れた、美しい容姿の持ち主に対しても「並外れる」という言葉を使えます。



「並外れる」の類語や類義語・言い換え

「並外れる」の類語や類似を紹介します。

  • 「際立つ」【きわだつ】
  • 「突出」【とっしゅつ】

「際立つ」【きわだつ】

「際立つ」には、「周囲のものと区別できるほど、はっきりした違いがあり、ひときわ目立つ」という意味があります。

「際立つ大男」という言葉には、周囲の人よりはっきりと大きいため目立つ男性という意味があります。

「突出」【とっしゅつ】

「突出した」には「一般的な人と比べて、 飛び抜けて優れている」という意味があります。

例えば他のサッカー選手に比べて、極めて優れた技術を持ったプレイヤーは、「突出したテクニックを持つ選手」と表現できます。

「突出した作品」「突出した才能」などという使い方をします。

icon まとめ

「並外れる」という言葉について見てきました。

性質や規模、能力などが、普通とははなはだしくかけ離れていると感じる物事や人を見た時、「並外れる」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。