意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「率先」とは?意味や類語!例文と解釈

皆さんは「率先」という言葉を色々な場面で耳にしたり、自ら会話の中で取り入れて使っていることと思います。

この言葉からは、何か積極的な姿勢を感じさせるものがありますが、どのような意味があり、どんな場面で使われているのか、細かく正確に理解できてない人もいるかもしれません。

そこで今回は、この「率先」について考えていくことにします。

率先

Meaning-Book
「率先」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「率先」とは?
  • 「率先」の表現の使い方
  • 「率先」の対義語
  • 「率先」を使った例文と意味を解釈
  • 「率先」の類語や類義語


「率先」とは?

「率先」とは、「皆の先に立って物事をすること」「自分が頭となって多くの人を引っ張っていくこと」というような意味を持つ言葉です。

  • 「率先」の読み方

「率先」の読み方

「率先」「そっせん」と読みますが、読み方が少し難しく思われるので、ここでしっかりとチェックして押さえておきましょう。



「率先」の表現の使い方

「率先」とは「多くの人の率いて、自分がお手本となるような行動を取ること」という意味がありますので、リーダー的な立場で活動をするような場面で使われます。

特に人が嫌がるような面倒なことを積極的に取り組む場合に、使われることがあります。

「率先」の対義語

「積極的に皆を引っ張って行くように活動する」という意味の「率先」の対義語としては、「追随」という言葉を使います。

「前を行く者に従って後を追うこと」「つき従ってそれを真似ること」などの解釈ができますが、「追随」することは、確かに「真似る」とある意味で、ずる賢く聞こえる面もありますが、ゼロからのスタートではないので、効率的な活動として、プラスに捉えられることもあります。



「率先」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「率先」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「率先」を使った例文1
  • 「率先」を使った例文2

「率先」を使った例文1

「わが社は、昔から業界を率先してインターネットをベースとしたマーケティング広告を積極的に行ってきました」

今では、ごく当たり前のインターネット広告ですが、インターネット活用が始まった頃は、あまり認知度が高くありませんでした。

どれだけの効果があるのか見えない環境の中で、いち早くネット広告に取り組むことは、とてもチャレンジ精神が必要ですが、それだけに高い効果を生み出しているのでしょう。

「率先」を使った例文2

「私達は、海外視察も率先して行うことで、色々な考え方を学び吸収することができたのです」

何事にも「率先」して行動に移すことは、とても素晴らしいことです。

この例文でも、そのことが現れているようです。

仕事の場面なのか、研修の一環なのかは分かりませんが、思い切って誰よりも早く何処よりも積極的に活動することで、学ぶことが多く、次の取り組みに大いに参考になるはずです。

「率先」の類語や類義語

「率先」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「進んでやる」【進んでやる】
  • 「先頭をひた走る」【せんとうをひたはしる】

「進んでやる」【進んでやる】

「進んでやる」という言葉が「率先」の類義語としてよく使われる言葉でしょう。

「積極的に物事に当たること」「攻めの姿勢で行動すること」という意味になります。

「進んでやる」という言葉には、「人が敬遠しそうなことでも、積極的にチャレンジしていく」という前向きなニュアンスが含まれています。

「先頭をひた走る」【せんとうをひたはしる】

「先頭をひた走る」「率先」の類義語となります。

「集団の一番手前に立ち全体を引っ張るさま」のことを指しており、とても積極的なインパクトがあります。

icon まとめ

「率先」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、私達の日々の活動の中で「あるべき姿」として常に心に留めておきたい言葉です。

このように何事にも「率先」していくことで、人のお手本となるように行動していきたいものです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。