意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「算段を講じる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「算段を講じる」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「算段を講じる」という表現について詳しく紹介していきます。

算段を講じる

Meaning-Book
「算段を講じる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「算段を講じる」とは?
  • 「算段を講じる」の表現の使い方
  • 「算段を講じる」を使った例文と意味を解釈
  • 「算段を講じる」の類語や類義語


「算段を講じる」とは?

「算段を講じる」というのは計画を立てるという意味になります。

「算段」というのは「苦心して良い方法や手段を考えだすこと」という意味もありますし「あれこれと工夫して金銭の都合をつけること」という意味もあります。

「算段を講じる」というのは「いろいろ考えて良い方法や手段を考えだす」という意味になります。

  • 「算段を講じる」の読み方

「算段を講じる」の読み方

「算段を講じる」「さんだんをこうじる」と読みます。

あまり日常的に使う表現ではありませんが、ぜひ知っておきたい言い回しだといえます。



「算段を講じる」の表現の使い方

「算段を講じる」というのは「よく考えて計画を立てる」「よく考えて良い方法や手段を生み出す」、という意味になります。

例えば、自分の息子がなかなか就職せず、学校にもいかず、などということであれば何とかその息子を就職させたり学校にいかせたりするために「算段を講じる」ことがあるのではないでしょうか。

年老いて家での介護が不可能になった家族に対し、何とか老人ホームに入ることを納得してもらえるよう、「算段を講じる」こともあるかもしれませんね。

「算段を講じる」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「算段を講じる」を使った例文1
  • 「算段を講じる」を使った例文2

「算段を講じる」を使った例文1

「何とか居候を追い出すために算段を講じた」

家族が困った状態にあれば当然助けてあげたいと思いますよね。

しかしその一方でその家族が居候になり、何もしていないということであれば、逆に追い出したいと思うこともあるのではないでしょうか。

居候といっても次に進むために努力をしているのであれば良いですが、努力をしていない、むしろ1日中テレビを見ている、などということであれば何とかその居候を追い出すために算段を講じることがあるかもしれません。

「算段を講じる」を使った例文2

「娘が結婚を考え直すよう、算段を講じた」

子供が結婚したいと言えば、子供が愛する人ならばその結婚を許しますよね。

もう一方で、どう考えても相手に問題があるなどということであれば、心から結婚を祝福できる状態では無いかもしれません。

そうなれば、なんとか子供が結婚を考え直すよう、説得することもあるかもしれませんね。



「算段を講じる」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「計画を立てる」【けいかくをたてる】
  • 「プランニングする」

「計画を立てる」【けいかくをたてる】

「計画を立てる」というのは物事の進め方について「構想を練る」「計画する」という意味です。

計画というのは物事をするためにその方法や手順などを筋道建てて企てるという意味になります。

「プランニングする」

「プランニングする」という表現も「計画を立てる」と同様で、物事の進め方について「構想を練る」「計画する」という意味になります。

プランニングというのは立案や企画を指します。

icon まとめ

「算段を講じる」という表現は日常的にはあまり使われないかもしれませんが、計画を立てるという意味でよく知っておきたい表現の1つです。

何かをするときには算段を講じていきたいですね。