意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「潤う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「潤う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「潤う」という言葉を使った例文や、「潤う」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「潤う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「潤う」とは?
  • 「潤う」を使った例文や短文など
  • 「潤う」の類語や類義語・言い換え


「潤う」とは?

「潤う」という言葉を知っているでしょうか。

「素肌が潤う」などと言ったことがあるかもしれません。

一方で、「潤う」という言葉を、まるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「潤う」という言葉の意味を紹介します。

  • 「潤う」の読み方
  • 「潤う」の意味

「潤う」の読み方

「潤う」「うるおう」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「潤う」「うるおう」と読みましょう。

「潤う」の意味

「潤う」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「潤う」には、「程よく水分を帯びる」「水分が行き渡る」という意味があります。

「素肌が潤う」という言葉は、化粧水などが素肌に浸透し、水分を程よく帯びた状態という意味があります。

また「潤う」には「利益や恩恵を受ける」「豊かになる」という意味もあります。

このように、「潤う」という言葉には、「程よく水分を帯びる」「水分が行き渡る」という意味があります。



「潤う」を使った例文や短文など

次に「潤う」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「潤う」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「潤う」を使った例文1
  • 「潤う」を使った例文2

「潤う」を使った例文1

「景気が良くなり、国民が経済的に『潤う』」

この例文は、景気が良くなったため、国民が経済的に豊かになるという文章になります。

景気が良くなりお金が流通するようになれば、会社は利益を生み、給料を上げられるためです。

このように、豊かになるという意味で、「潤う」という言葉を使ってみましょう。

「潤う」を使った例文2

「乾いた大地に雨が降り、大地が『潤う』」

この例文は、雨が少なく乾燥した大地に、雨が降り注ぐことで、大地に水分が行き渡ったという意味があります。

まさに恵みの雨と言えるような、嬉しい雨になるでしょう。

このように「水分が行き渡る」という意味で、「潤う」を使ってみましょう。

「潤う」の類語や類義語・言い換え

次に「潤う」の類語や類似表現を紹介します。

「潤う」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「湿る」【しめる】
  • 「儲かる」【もうかる】

「湿る」【しめる】

「湿る」には「乾いていた物が、水分を含んで濡れた感じになる」という意味があります。

「湿度が高く、タオルが湿る」「通り雨のせいで、地面が湿る」などという使い方をします。

「儲かる」【もうかる】

「儲かる」には、「利益が得られる」という意味があります。

「お金が儲かる」「儲かる仕事をする」などという使い方をします。



icon まとめ

「潤う」という言葉について見てきました。

程よい水分を帯びたと感じた時、水分が行き渡ったり、豊かになったと感じた時に、「潤う」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。