意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「潤い」とは?意味と使い方!例文と類語!

「潤い」とは、「適度な水分を含んでいること」「精神的・経済的な余裕があること」です。

「潤い」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「潤い」とは?意味と使い方!例文と類語!>


目次

  • 「潤い」の意味とは?
  • 「潤い」の読み方
  • 「潤い」の言葉の使い方
  • 「潤い」を使った言葉と意味を解釈
  • 「潤い」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「潤い」の類語や言い換え
  • 「潤い」の英語や例文(解釈)など


「潤い」の意味とは?

「潤い」の言葉には、以下のような意味があります。

  • 「潤い」の意味1:程よい水気があること
  • 「潤い」の意味2:精神的なゆとり
  • 「潤い」の意味3:経済的な余裕

「潤い」の意味1:程よい水気があること

「潤い」の意味は、「適度な水気(湿気)を含んでいること」「適度な水分を含み心地よいこと」になります。

例えば、「潤いのある肌は瑞々しさに溢れています」「髪に潤いが戻ると実年齢より若く見えます」などの文章で、この意味を示せます。

「潤い」の意味2:精神的なゆとり

「潤い」の意味は、「精神的なゆとりがあること」「落ち着いた味わい・趣きがあること」になります。

精神的に慌ただしくなくてゆとりがあることで、物事の落ち着いた味わいや趣きを感じやすくなるというニュアンスがあります。

例えば、「潤いのある文学に接すると心が癒されます」「精神の潤いを得るためには、良い人間関係に恵まれることも必要です」などの文章で、この「精神的なゆとり」の意味を表せます。

「潤い」の意味3:経済的な余裕

「潤い」の意味は、「経済的・金銭的な余裕ができて豊かになること」になります。

「潤い」という言葉は、「精神的なゆとり」「経済的(金銭的)なゆとり」のどちらにも使える言葉なのです。

例えば、「経済的な潤いができたお陰で、美術館巡りや登山の趣味を満喫できるようになりました」などの文章で、この「経済的余裕」の意味を示せます。



「潤い」の読み方

「潤い」の読み方は、「うるおい」になります。

「潤い」の言葉の使い方

「潤い」の言葉の使い方は、「適度な水分を含んでいて心地よい状態」を指して使うという使い方になります。

例えば、「トリートメントを使うと、潤いのある髪を保ちやすくなります」などの文章で使います。

「潤い」という言葉は、「精神的なゆとり・落ち着いた物事の味わいがある時」「金銭的な余裕ができた時(経済的に豊かになった時)」にも使うことができます。

例えば、「潤いのある書道の筆跡は、見ているだけでも気持ちが落ち着きます」「金銭的な潤いができて、家族にも優しく接することができるようになりました」などの文章で使用できます。



「潤い」を使った言葉と意味を解釈

「潤い」を使った言葉とその意味を解釈していきます。

  • 「潤い肌」
  • 「家計の潤い」
  • 「潤いのある生活」

「潤い肌」

「潤い肌」という言葉は、「適度な水分を含んでいてしっとりとしている肌」「乾燥していない適度な水分を含んだ心地よい肌」を意味しています。

「女性は潤い肌を手に入れるために、良い化粧水・クリームを買ったりして大変な手間・コストをかけています」「潤い肌になると見た目が綺麗なだけでなく、自分も心地よい肌の感触を楽しめます」などの文章で使えます。

「家計の潤い」

「家計の潤い」とは、「家計(家の経済状態)に経済的・金銭的な余裕があること」「家計が経済的に困っていない状態」を意味しています。

「家計の潤いがあると、精神的にも安心して楽になれるのです」「家計の潤いを手に入れるためには、日々の節約も意識しなければいけません」などの文章で使用されています。

「潤いのある生活」

「潤いのある生活」というのは、「経済的にも精神的にもゆとりのある心地よい生活」を意味しています。

「潤いのある生活」とは、「金銭的にも余裕があることで、物事の魅力・味わい(趣き)を深く感じることができる生活」を意味しているのです。

「潤いのある生活を満喫しています」「何歳になっても潤いのある生活を送りたいものです」などの文章で使えます。

「潤い」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「潤い」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「潤い」を使った例文1
  • 「潤い」を使った例文2

「潤い」を使った例文1

「キラキラと光る潤いのある漆黒の瞳は、見ている男をいつの間にか虜(とりこ)にしてしまいました」

この「潤い」を使った例文は、「キラキラと光るような適度な水分を含んだ漆黒の瞳は、見ている男をいつの間にか完全に魅了してしまった」ということを意味しています。

この例文の「潤い」は、「適度に水分を含んでいること・湿っていてツヤツヤしていること」を意味しています。

「潤い」を使った例文2

「大好きな家族に囲まれて潤いのある生活を送れていることに、とても感謝しています」

この「潤い」を使った例文は、「大好きな家族に囲まれて、精神的にゆとりのある満たされた生活を送れていることにとても感謝している」ということを意味しています。

この例文の「潤い」は、「精神的なゆとり・落ち着いた心理状態で味わえる良さ」を意味しています。

「潤い」の類語や言い換え

「潤い」の類語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「水気・しっとり感・モイスチャー」
  • 「余裕・ゆとり・恩恵」

「水気・しっとり感・モイスチャー」

「潤い」の類語・言い換えとして、「水気・しっとり感・モイスチャー」があります。

「水気」とは「水分を含んでいること・水分を含み湿気があること」を意味していて、「しっとり感」とは「適度な水分を含んでいて、気持ち良く潤っている感じ」を意味しています。

モイスチャー“moisture”というのは、英語で「水気・湿り気(程よく湿っていること)」を意味します。

化粧品の文脈では、「肌に潤いを与える目的で配合する成分」も意味します。

適度な水分を含むを意味する「潤い」の類語(シソーラス)として、「水気・しっとり感・モイスチャー」が上げられます。

「余裕・ゆとり・恩恵」

「潤い」の類語・言い換えとして、「余裕・ゆとり・恩恵(おんけい)」があります。

「潤い」という言葉には、「経済的(金銭的)に余裕があること」「精神的にゆとりがあり物事を深く味わえること」の意味合いがあります。

また、「潤い」「運命・偶然から恩恵を得られること」を意味しています。

それらの意味から、「潤い」「余裕・ゆとり・恩恵(おんけい)」という言葉に言い換えることができるのです。

「潤い」の英語や例文(解釈)など

「潤い」を意味する英語には、“moisture”(水気・湿気)や“wetness”(湿った状態)、“rich”(経済的に豊かな)、“profit”(利益・余裕)、“charm”(魅力・ゆとり)、“liquid”(潤ってツヤのある)などがあります。

  • “She has a beautiful moist skin and liquid hair.”
  • “I achieved a rich life and got a spiritual abundance too.”

“She has a beautiful moist skin and liquid hair.”

この「潤い」を使った英語は、「彼女は美しい潤いのある肌と潤い(ツヤ)のある髪を持っています」ということを意味しています。

「肌・髪・目などのツヤツヤした潤い」を意味する「潤い」は、“moist”“liquid”“charm(sweet)”などで表すことができます。

“I achieved a rich life and got a spiritual abundance too.”

この「潤い」を使った英語は、「私は潤いのある生活を実現して、精神的な潤いも手に入れました」ということを意味しています。

「経済的に潤いのある生活」は、“rich life”“wealthy life”の英語で表現できます。

icon まとめ

「潤い」という言葉について徹底的に解説しましたが、潤いには「適度な水分を含んでいること」「精神的・経済的な余裕があること」などの意味があります。

「潤い」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「水気・しっとり感・モイスチャー」「余裕・ゆとり・恩恵」などがあります。

「潤い」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。