意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「素人」とは?意味や使い方!例文や解釈

「素人」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「素人」という言葉を使った例文や、「素人」の類語を紹介して行きます。

素人

Meaning-Book
「素人」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「素人」とは?
  • 「素人」の英語と解釈
  • 「素人」の表現の使い方
  • 「素人」を使った例文や短文など
  • 「素人」の類語や類義語・言い換え
  • 「素人」の反対語


「素人」とは?

「素人」という言葉を知っているでしょうか。

「まだ素人です」などと言ったことがあるかもしれません。

一方で、「素人」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「素人」という言葉の意味を紹介します。

  • 「素人」の読み方
  • 「素人」の意味

「素人」の読み方

「素人」「しろうと」と読みます。

「すじん」「そじん」などと読み間違えないように気を付けましょう。

これを機会に、「素人」「しろうと」と読みましょう。

「素人」の意味

「素人」という言葉の意味を紹介します。

「素人」には、「まだ経験の乏しい未熟な人」という意味があります。

「まだ素人です」という時は、職業や趣味などに関して、まだ経験の乏しい未熟な者ですという意味があります。

例えば、フラダンスを趣味として始めた当初は、未熟のため、「フラダンスが趣味ですが、まだ素人です」などと言います。

このように「素人」という言葉には、「まだ経験の乏しい未熟な人」という意味があります。



「素人」の英語と解釈

次に「素人」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「素人」は英語で、“amateur”(アマチュア)になります。

“amateur”という英語には「アマチュア」「素人」という意味があります。

「アマ」などとカタカナ語として略して使うこともあります。

これを機会に「素人」“amateur”という英語にしてみましょう。

「素人」の表現の使い方

「素人」という言葉はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「素人」にはまだ経験の乏しい未熟な人という意味があるため、そのような人を見た時に使ってみましょう。

例えば同僚と一緒にゴルフでラウンドする時、同僚がゴルフを始めたばかりなら、「ゴルフの素人だね」などと話しかけられます。

逆に自分がゴルフを始めたばかりなら、「まだゴルフは、素人なので」と先に断っておけます。

下手なプレーをした時の言い訳になるでしょう。

このように、まだ経験の乏しい未熟な人を見た時、自分がそうだと感じた時、「素人」という言葉を使ってみましょう。



「素人」を使った例文や短文など

続いて「素人」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「素人」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「素人」を使った例文1
  • 「素人」を使った例文2

「素人」を使った例文1

「社会人になったとはいえ、働き始めて三か月なら『素人』だ」

この例文は、社会人になって三か月の人が、社会人の仲間入りをしたものの、自分はまだ経験の乏しい未熟な社会人だと感じている文章になります。

どのような分野や職業でも、三か月程度の経験なら、「素人」と言えるでしょう。

「素人」を使った例文2

「彼女は、『素人』と思えないような、堂々としたプレーを見せている」

この例文は、ある女性がスポーツやゲームなどをプレーして、そのプレーが堂々としていると褒められている場面になります。

彼女はそのスポーツやゲームを始めたばかりなのでしょうが、経験の乏しい未熟な人には見えないようです。

このように、運動神経が高かったり、いつでも堂々としていられる人は、「素人」には見えないことがあります。

「素人」の類語や類義語・言い換え

「素人」の類語や類似表現を紹介します。

「素人」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「初心者」【しょしんしゃ】
  • 「アマチュア」
  • 「駆け出し」【かけだし】

「初心者」【しょしんしゃ】

「初心者」には、「物事を始めたばかりの人」という意味があります。

例えば、「カメラの初心者」という文章には、カメラという趣味を始めたばかりの人という意味があります。

サークルや部活などの呼び込みに、「初心者歓迎」というフレーズが使われることもあります。

「初心者歓迎」には、「趣味などを始めたばかりの人でも、歓迎します」という意味があります。

「アマチュア」

「アマチュア」には、「趣味としてそのことをする人」という意味があり、「素人」という意味もあります。

「アマチュアゴルファー」は、どれだけゴルフが上手くても、趣味としてゴルフをする人で、プロではありません。

「駆け出し」【かけだし】

「駆け出し」という言葉を知っているでしょうか。

「駆け出し」には、「物事を始めたばかりで未熟な人」という意味があります。

例えば、「駆け出しの役者」という言葉には、役者として活動を始めたばかりで、未熟な人という意味があります。

「まだ駆け出しのため、ご迷惑をかけるかもしれません」などと、経験が浅い自分のことを謙遜する時に、「駆け出し」という言葉を使うことがあります。

「素人」の反対語

最後に「素人」の反対語を紹介します。

「素人」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「玄人」【くろうと】
  • 「プロ」
  • 「エキスパート」

「玄人」【くろうと】

「素人」の反対語は「玄人」になります。

「玄人」には、「熟達した専門家」という意味があります。

「彼は玄人の腕前だ」という時は、その男性には、熟達した専門家のような技術や実力がある、という意味があります。

「プロ」

「プロ」には「職業としての専門家」という意味があります。

「プロフェッショナル」を略したカタカナ語が「プロ」です。

「プロ野球」「プロテニスプレーヤー」などという使い方をします。

「エキスパート」

「エキスパート」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「エキスパート」には、「ある分野の優れた専門家」という意味があります。

「ダイエットのエキスパート」という言葉には、ダイエットという分野の優れた専門家という意味があります。

icon まとめ

「素人」という言葉について見てきました。

まだ経験の乏しい未熟な人を見た時、また自分の経験が乏しくて、未熟だと感じる時に、「素人」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。