意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「全体像を把握する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスで「全体像を把握する」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、使い方や例文なども併せて紹介します。

全体像を把握する

Meaning-Book
「全体像を把握する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「全体像を把握する」とは?
  • 「全体像を把握する」の表現の使い方
  • 「全体像を把握する」を使った例文と意味を解釈
  • 「全体像を把握する」の類語や類義語


「全体像を把握する」とは?

「全体像を把握する」の概要について紹介します。

  • 「全体像を把握する」の読み方
  • 「全体像を把握する」の意味
  • 「全体像を把握する」の言葉の成り立ち

「全体像を把握する」の読み方

「全体像を把握する」「ぜんたいぞうをはあくする」と読みます。

「把握」は漢字が難しいのでこれを機に覚えておきましょう。

「全体像を把握する」の意味

「全体像を把握する」の意味は「ものごとの全体をイメージすること」です。

はっきりとした内容ではなく、ものごとに対して「何がどの様に行われ、どの様な成果に結びつくのか」という全体のイメージを掴むことを言います。

手段や使われる道具ではなく、頭の中で結果までの流れを整理する時の表現です。

「全体像を把握する」の言葉の成り立ち

「全体像を把握する」「全体像+を(助詞)+把握する」で成り立っています。

「全体像」「ものごとを一つのまとまりとして捉えた姿」「全体的なイメージ」という意味です。

「把握する」「手中に収めること」「しっかりと理解すること」という意味です。

上記の言葉が組み合わさり「あるものごとの全体的な概要をしっかりと理解する」という意味で使われています。



「全体像を把握する」の表現の使い方

「全体像を把握する」の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 「全体像が把握できない」の使い方

文法的な使い方

「全体像を把握する」は動詞として文の終わりに使われます。

また、「全体像を把握してから戦術を練る」など、副詞的に使われることもあります。

ビジネスで使う言葉ですので、他に使う言葉も硬い表現になります。

「全体像が把握できない」の使い方

会議やプロジェクトで計画に反対を唱える時に「全体像が把握できない」と言うことがあります。

これはその意見や計画に対して「よく理解できない」ということを表しています。

相手の説明が足りなかったり、こちらの理解不足の場合もあります。

「全体像を把握する」を使った例文と意味を解釈

「全体像を把握する」を使った例文と意味を解釈します。

  • 「全体像を把握する」を使った例文1
  • 「全体像を把握する」を使った例文2

「全体像を把握する」を使った例文1

「何が必要かを考えるよりはまず全体像を把握することが大切だ」

ビジネスに必要な資金や器具備品を考えるよりも先に、まずそのビジネスの概要をしっかりと理解してからの方が必要なものが無駄なく揃えられるということです。

「全体像を把握する」を使った例文2

「全体像を把握すればもっと建設的な意見が出てくるだろう」

ものごとの問題点について話し合う時に、ただ不満を言うのではなく、ビジネスとして全体を捉えてどうすれば最も良い結果に繋がるかを考えるべきであるという意見です。



「全体像を把握する」の類語や類義語

「全体像を把握する」の類語を紹介します。

  • 「大局的に見る」【たいきょくてきにみる】
  • 「大枠を理解する」【おおわくをりかいする】

「大局的に見る」【たいきょくてきにみる】

「ものごとを全体的な観点で捉えること」という意味です。

「大枠を理解する」【おおわくをりかいする】

「ものごとのおおまかな枠組みを知ること」という意味です。

icon まとめ

「全体像を把握する」「ものごとの全体をイメージすること」です。

ビジネスで上手に使える様にしましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。