意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「領域」とは?意味や使い方!例文や解釈

「領域」とは、「ある人物や国家の力・作用・規定(法律)などが及ぶ範囲」などを意味する言葉です。

「領域」「意味・読み方・使い方・領域を使った言葉・例文と解釈・領域と領土の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

領域

Meaning-Book
「領域」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「領域」とは?
  • 「領域」の表現の使い方
  • 「領域」を使った言葉と意味を解釈
  • 「領域」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「領域」と「領土」の意味の違い
  • 「領域」の類語や類義語・言い換え
  • 「領域」の英語と解釈


「領域」とは?

「領域」という表現は、「ある人物や国家の力・作用・規定(法律)などが及ぶ範囲」「その人物・物事が関わりを持っている範囲」を意味しています。

国際法における「領域」は、「国家主権が及ぶ範囲の区域。

領土・領海・領空のこと」
を意味します。

「領域」というのは、「ある人物・国家が領有したり勢力下に置いたりしている区域・範囲」のことを意味している表現なのです。

またIT分野における「領域」という言葉には、「メモリー・ハードディスクなどを割り当てることができるコンピューターが何らかの演算処理をするための仮想的な場所」という意味もあります。

  • 「領域」の読み方

「領域」の読み方

「領域」の読み方は、「りょういき」になります。



「領域」の表現の使い方

「領域」の表現の使い方は、「ある人物や国家の力・作用・法律などが及ぶ範囲」「その人物・物事が関わりあるいは影響力を持っている範囲」を指示して使うという使い方になります。

例えば、「これ以上先の領域に侵入すれば、領土主権を主張するロシアからの攻撃を受ける恐れがあります」などの文章で使用することができます。

また「領域」という言葉はIT用語として、「メモリー・ハードディスクなどを割り当てることができる仮想の場所」「コンピューターが何かの処理をするための仮想の場所」といった意味でも使うことができます。

「領域」を使った言葉と意味を解釈

「領域」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「国家の領域」【こっかのりょういき】
  • 「無意識の領域」【むいしきのりょういき】
  • 「ハードディスク領域」【ハードディスクりょういき】

「国家の領域」【こっかのりょういき】

「国家の領域」という言葉は、「国家主権の及ぶ範囲・区域」「領土・領海・領空」のことを意味しています。

例えば、「国家の領域を意図的に侵犯すれば、紛争・戦争が発生するリスクが生じてしまいます」といった文章で使われます。

「無意識の領域」【むいしきのりょういき】

「無意識の領域」という表現は、「意識の場所よりも更に奥深い所にある意図的にアクセスすることができない仮想的な場所」「自分の記憶・感情と関わりがある意識の奥深い範囲・区域」のことを意味しています。

例えば、「精神分析のセッションでは、無意識の領域に抑圧されているトラウマティックな過去の記憶を自由連想で再生させます」といった文章で使用できます。

「ハードディスク領域」【ハードディスクりょういき】

「ハードディスク領域」という言葉は、「パソコンなどの情報端末において、データを保存しておく仮想的な区域・場所」を意味しています。

例えば、「ハードディスク領域の残存容量が乏しくなってきたので、不要な動画データを消去しました」などの文章で使われます。



「領域」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「領域」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「領域」を使った例文1
  • 「領域」を使った例文2

「領域」を使った例文1

「ジャングルの奥深い地にあるこの領域が、どの国や部族集団の影響下にあるのかはまだはっきりと決められていなかったのです」

この「領域」を使った例文は、「ジャングルの奥深い地にあるこの範囲・区域が、どの国や部族集団の影響下にあるのか(どの主体の支配的な力が及んでいるのか)はまだはっきりと決められていなかった」を意味しています。

「領域」を使った例文2

「ハードディスクやメモリーの領域を有効活用してパソコンを快適に使うためには、定期的に不要なファイルを削除すべきです」

この「領域」を使った例文は、「ハードディスクやメモリーの仮想的な区分・場所を有効活用してパソコンを快適に使うためには、定期的に不要なファイルを削除すべきである」ということを意味しています。

「領域」と「領土」の意味の違い

「領域」という表現は、「国家主権の及ぶ範囲・区域。

領土・領海・領空」
のことを意味しています。

「領土」という表現は「国家主権の及ぶ土地面積の範囲」を意味していて、「領域」よりも「領土」の方が狭い範囲(領海・領空を除く範囲)を意味しているという違いがあります。

また「領土」という言葉には、「領域」の持つ「個人が関わりを持っている区域」「パソコンなどにおける仮想的な演算処理の場所・区域」といった意味合いはありません。

「領域」の類語や類義語・言い換え

「領域」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「領分・縄張り」
  • 「範囲・枠」
  • 「テリトリー・島」

「領分・縄張り」

「領分」という表現は、「領有している土地」「権力・作用などが及ぶ範囲」を意味しています。

「縄張り」という言葉は、「自分の支配力・強制力・権限が及ぶ範囲」を意味しています。

それらの意味合いから、国家主権や個人の影響力が及ぶ範囲を示す「領域」という表現は、「領分・縄張り」という表現で言い換えることが可能なのです。

「範囲・枠」

「領域」という表現は、「国家主権や個人の支配力(影響力)が及ぶ範囲・枠組み」のことを意味しています。

その意味合いから、「領域」と近しい類似した意味を持つ類義語(シソーラス)として、「範囲・枠」という表現を上げることができるのです。

「テリトリー・島」

「テリトリー」という英語の表現は、「縄張り・自分の島(しま)・領域」のことを意味しています。

「島」という表現は、「主に反社会的勢力などの権力・作用・発言力が及ぶ範囲の区域・場所」を意味しています。

それらの意味から、国家主権や権限・支配力が及ぶ範囲を意味する「領域」と近しい意味を持つ類語として、「テリトリー・島」を指摘できます。

「領域」の英語と解釈

領域 meaning in english

「領域」という言葉を英語で書き表すと、以下のようになります。

“field, area”(場所・領域)

“expert standard”(専門家の領域)

“territory”(テリトリー・縄張り・領域)

“If you invade the territory of the state, you will be retaliated against.”

「領域」の言葉を使ったこの英語の例文は、「国家の領域を侵犯すれば、報復を受けるでしょう」ということを意味しています。

icon まとめ

「領域」という言葉について徹底的に解説しましたが、「領域」には「ある者・国家などが領有したり勢力下に置いたりしている区域」などの意味があります。

「領域」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「領分・縄張り」「範囲・枠」「テリトリー・島」などがあります。

「領域」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。