意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「領域を超える」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

皆さんは「領域を超える」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

しかし、この言葉は普段の会話の中では、使われる頻度はそんなに多くはありません。

そこで、今回はこの「領域を超える」についてフォーカスしていくことにします。

どのような意味があり、どんなケースで使われるか理解を深めてください。

Meaning-Book
「領域を超える」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「領域を超える」とは?
  • 「領域を超える」の表現の使い方
  • 「領域を超える」の英語と解釈
  • 「領域を超える」を使った例文と意味を解釈
  • 「領域を超える」の類語や類義語・言い換え

「領域を超える」とは?

まず「領域を超える」「領域」「超える」の2つの言葉に分解してそれぞれの意味を解釈してみます。

「領域」とは「ある力、作用、規定などが及ぶ範囲」「物事、人が関りを持つ範囲」、あるいは「国際法上の国家の主権の及ぶ区域」といったような意味がある言葉です。

「超える」「基準、数量、範囲、限度などを上回る」という意味があることから、「領域を超える」「一定の範囲を上回る」という解釈が成り立ちます。

「領域を超える」の表現の使い方

「領域を超える」という言葉は、「規定などで設定されたエリアを超える」という物理的な範囲を超えるような場合に使われますが、人の考えや意思を超えるような場面でも使われることがあります。

「領域を超える」の英語と解釈

「領域を超える」を英語で訳すと、“over area”“lie outside the province of”などの言葉で表現することができます。

「領域を超える」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「領域を超える」を使った例文をいくつか挙げてみるので、具体的な活用シーンとして、イメージしてみてください。

  • 「領域を超える」を使った例文1
  • 「領域を超える」を使った例文2

「領域を超える」を使った例文1

「神のなされることは、私達人間の領域を超える現象ばかりだ」

最近では、スピリチュアルブームと呼ばれていますが、それに伴い「神」のこともよく話題になります。

「神」が奇跡を起こすのですが、神が起こす現象は、私達の理解の「領域を超える」ものばかりです。

「領域を超える」を使った例文2

「専門の領域を超えることで、科学も大きな進歩を辿ることになるのです」

科学の発達・進化は私達の生活に大きな恩恵をもたらしてくれます。

しかし、そのためには科学の進歩も、一定の「領域を超える」発見や発明が必要になってきます。

今の現代社会は、インターネットの発達で様々な恩恵がありますが、これも従来の「領域を超える」技術の進歩があったからこそです。

「領域を超える」の類語や類義語・言い換え

「領域を超える」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉で表現することができるか見ていくことにしましょう。

  • 「範囲を越えた」
  • 「規格外」
  • 「規格から外れた」

「範囲を越えた」

「範囲を越えた」という表現が「領域を超える」の類義語として扱うことができますが、 「程度が度外れているさま」という意味で色々な場面で耳にすることがあります。

「規格外」

「規格外」「領域を超える」に近い意味のある類義語ですが、「普通の水準ではない状況」という意味で、主にビジネスシーンで使われることが多い言葉です。

「規格から外れた」

「規格から外れた」も、類語語の1つで、前項の「規格外」を平素な表現でできる言い回しです。

「ものの様子が周囲の別のものと違っているさま」のことを言っており、これも商品の仕様面などで使われることが多い言葉です。

icon まとめ

「領域を超える」という言い方は、かなり専門的な分野で使われるイメージがあります。

私達の日常生活の中で「領域を超える」と言うと、「自分達の常識や理解を超える」という意味合いがありますが、ビジネスシーンで使われる場合には、「既存ルールを超える」「従来の技術では作ることができないレベルを超える」といったように、もう少し幅広い意味で解釈されることができます。

したがって、この言葉を使う場合は、意味を正しく理解して使い分けることが必要かもしれません。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。