意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「抵抗手段」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「抵抗手段」とは、「何らかの強制や攻撃に対して反抗(反対)する方法・やり方」を意味する言葉です。

「抵抗手段」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「抵抗手段」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「抵抗手段」とは?
  • 「抵抗手段」の表現の使い方
  • 「抵抗手段」を使った例文と意味を解釈
  • 「抵抗手段」の類語や類義語


「抵抗手段」とは?

「抵抗手段」という表現は、「何らかの強制・支配・攻撃に対して、それに従わずに反抗(反対)する方法・やり方」を意味しています。

「抵抗手段」というのは、「外部から加えられる力・強制に対して、歯向かったり逆らったりする方法・やり方」のことを意味している表現なのです。

  • 「抵抗手段」の読み方

「抵抗手段」の読み方

「抵抗手段」の読み方は、「ていこうしゅだん」になります。



「抵抗手段」の表現の使い方

「抵抗手段」の表現の使い方は、「何らかの強制・支配・攻撃に対して、それに従わずに反抗して歯向かう方法・やり方」を指示して使うという使い方になります。

例えば、「恐怖政治に対する抵抗手段は乏しかったのですが、民衆の団結力と怒りの感情によって次第に反乱を起こす人の数が増えました」といった文章で使用することができます。

「抵抗手段」を使った例文と意味を解釈

「抵抗手段」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「抵抗手段」を使った例文1
  • 「抵抗手段」を使った例文2

「抵抗手段」を使った例文1

「いざという時に相手に精神的・物理的に支配されないようにするため、いくつかの抵抗手段を準備しておいた方が良いでしょう」

この「抵抗手段」を使った例文は、「いざという時に相手に精神的・物理的に支配されないようにするため、いくつかの反抗して刃向かえるような方法・やり方を準備しておいた方が良いだろう」ということを意味しています。

「抵抗手段」を使った例文2

「我々は人を恐怖で脅す武力・暴力だけが有効な抵抗手段ではないことを、言論と法律の力によって示したのです」

この「抵抗手段」を使った例文は、「我々は人を恐怖で脅す武力・暴力だけが、(支配的な力・権力に対する)有効な反対・反抗の方法ではないことを、言論と法律の力によって示した」ということを意味しています。



「抵抗手段」の類語や類義語

「抵抗手段」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「反対の手段・抗う方法」
  • 「逆らう手段・歯向かう方法」

「反対の手段・抗う方法」

「抵抗手段」という表現は、「外部から加えられる力に対して反対する手段」「何らかの強制・支配に対して抗う方法」のことを意味しています。

それらの意味合いから、「抵抗手段」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「反対の手段・抗う方法」という表現を指摘できます。

「逆らう手段・歯向かう方法」

「抵抗手段」という言葉は、「相手からの強制・支配に対して逆らう手段」「外部から加えられる強制力に対して従わずに歯向かう方法」のことを意味しています。

それらの意味合いから、「抵抗手段」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「逆らう手段・歯向かう方法」を上げられます。

icon まとめ

「抵抗手段」という言葉について解説しましたが、「抵抗手段」には「何らかの強制や攻撃に対して反抗(反対)する方法・やり方」などの意味があります。

「抵抗手段」の類語(シソーラス)・類義語としては、「反対の手段・抗う方法」「逆らう手段・歯向かう方法」などがあります。

「抵抗手段」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。