意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「億劫で仕方ない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「億劫で仕方ない」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「億劫で仕方ない」という言葉を使った例文や、「億劫で仕方ない」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「億劫で仕方ない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「億劫で仕方ない」とは?
  • 「億劫で仕方ない」を使った例文や短文など
  • 「億劫で仕方ない」の類語や類義語・言い換え


「億劫で仕方ない」とは?

「億劫で仕方ない」という言葉を知っているでしょうか。

「億劫で仕方ない仕事」が思い浮かんだかもしれません。

一方で、「億劫で仕方ない」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「億劫で仕方ない」という言葉の意味を紹介します。

  • 「億劫で仕方ない」の読み方
  • 「億劫で仕方ない」の意味

「億劫で仕方ない」の読み方

「億劫で仕方ない」「おっくうでしかたない」と読みます。

「億劫」「おっくう」「仕方ない」「しかたない」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「億劫で仕方ない」の意味

「億劫で仕方ない」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「億劫で仕方ない」「億劫」には、「面倒で気が進まない様子」という意味があります。

また「仕方ない」には、「どうすることもできない」という意味や、「困る」「我慢できない」という意味があります。

そのため「億劫で仕方ない」という言葉には、「面倒で気が進まないで困る」「面倒過ぎて我慢できない」という意味があります。



「億劫で仕方ない」を使った例文や短文など

「億劫で仕方ない」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「億劫で仕方ない」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「億劫で仕方ない」を使った例文1
  • 「億劫で仕方ない」を使った例文2

「億劫で仕方ない」を使った例文1

「徹夜明けの仕事は、『億劫で仕方ない』」

この例文には、徹夜明けの状態で仕事をするのが、面倒でどうしようもないという意味があります。

徹夜するほど仕事をした後で、ほとんど眠れずに次の仕事に入るのは、かなり面倒でしょう。

「億劫で仕方ない」というのも仕方ないかもしれません。

「億劫で仕方ない」を使った例文2

「『億劫で仕方ない』が、付き合いの飲み会に行く」

この例文のように、行きたくない飲み会に行くほど、面倒で嫌な物はないでしょう。

このような飲み会は「億劫で仕方ない飲み会」になります。

無理をして参加する必要もないかもしれません。

「億劫で仕方ない」の類語や類義語・言い換え

「億劫で仕方ない」の類語や類似表現を紹介します。

「億劫で仕方ない」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「面倒」【めんどう】
  • 「我慢できない」【がまんできない】

「面倒」【めんどう】

「面倒」には「手間がかかったり、解決が容易でないなど、煩わしいこと」という意味があります。

「面倒な仕事」「面倒な手続き」という使い方をします。

「我慢できない」【がまんできない】

「我慢できない」には、「耐え忍んだりこらえたり、辛抱したりできない」という意味があります。

「暑すぎて我慢できない」という時は、気温が高すぎて辛抱できないという意味があります。



icon まとめ

「億劫で仕方ない」という言葉について見てきました。

面倒で気が進まずに困る時、面倒過ぎて我慢できないと感じる時に、「億劫で仕方ない」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。