意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「指摘を受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスで「指摘を受ける」という言葉を使うことがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて詳しく紹介します。

指摘を受ける

Meaning-Book
「指摘を受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「指摘を受ける」とは?
  • 「指摘を受ける」の表現の使い方
  • 「指摘を受ける」を使った例文と意味を解釈
  • 「指摘を受ける」の類語や類義語


「指摘を受ける」とは?

「指摘を受ける」の概要について紹介します。

  • 「指摘を受ける」の読み方
  • 「指摘を受ける」の意味
  • 「指摘を受ける」の言葉の成り立ち

「指摘を受ける」の読み方

「指摘を受ける」「してきをうける」と読みます。

「指摘」という漢字が難しいので読める様にしておきましょう。

「指摘を受ける」の意味

「指摘を受ける」の意味は「他の人から間違いや問題点などについて言及されること」です。

自分の意見や見解を述べたり、事実を報告した時に、矛盾点や欠点、間違っている点などを取り上げられることを言います。

「受ける」がある為に、自分が他人から何か言われる時の表現です。

「指摘を受ける」の言葉の成り立ち

「指摘を受ける」は「指摘+を(助詞)+受ける」で成り立っています。

「指摘」とは「全体の中で、間違いや問題点などの重要な部分を取り上げること」という意味です。

「受ける」は「他から働きかけられること」という意味です。

これらの事が組み合わさり「他人から間違いや問題点などについて示されること」という意味で使われています。



「指摘を受ける」の表現の使い方

「指摘を受ける」の使い方を紹介します。

  • ビジネスの場で使う
  • 悪い意味ではない
  • 「指摘を受ける」を敬語で表現

ビジネスの場で使う

「指摘を受ける」は、ビジネスの場で多く使われます。

こちらが提示した内容に関して、相手から問題点や矛盾点などについて言及された時に使われます。

相手は社内の人のこともあれば、社外の人のこともあります。

悪い意味ではない

基本的に「指摘」をした相手に悪気はありません。

こちらの為によかれと思って言ってくれていることが多く、悪い意味ではない言葉です。

「指摘を受ける」を敬語で表現

「指摘を受ける」を敬語で表すと「ご指摘を頂く」になります。

「ご指摘を受ける」でも良いのですが、「頂く」にするとより丁寧な言葉になります。

相手に対して敬意を払い、その「指摘」に対処するつもりであるという姿勢が伝わります。

「指摘を受ける」を使った例文と意味を解釈

「指摘を受ける」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「指摘を受ける」を使った例文1
  • 「指摘を受ける」を使った例文2

「指摘を受ける」を使った例文1

「プレゼンの場で数字の単位間違いについて指摘を受けた」

プレゼンの資料で、数字の単位が間違っていたことを人に言われて気付いたことを表しています。

「指摘を受ける」を使った例文2

「ご指摘を受けた件に関しては既に対応済です」

上司から何らかの問題点を言われたので、対応策を講じた後に報告しています。



「指摘を受ける」の類語や類義語

「指摘を受ける」の類語を紹介します。

  • 「ツッコまれる」
  • 「ケチをつけられる」

「ツッコまれる」

「触れられたくない部分に関して言われること」という意味です。

「ケチをつけられる」

「相手の欠点を並べ立てて悪いイメージを作ること」という意味です。

icon まとめ

「指摘を受ける」「他の人から間違いや問題点などについて言及されること」です。

ビジネスの場ではありがたく受ける様にした方が得です。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。