意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「婉曲的」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「婉曲的」とは、「直接的(露骨)ではなく遠まわしに言うさま」を意味する言葉です。

「婉曲的」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「婉曲的」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「婉曲的」とは?
  • 「婉曲的」の表現の使い方
  • 「婉曲的」を使った例文と意味を解釈
  • 「婉曲的」の類語や類義語


「婉曲的」とは?

「婉曲的」という表現は、「直接的に表現せずに、遠まわしに言う感じがあること」を意味しています。

「婉曲的」というのは、「相手との間で角が立たないように、穏やかに遠まわしに(間接的に)言う感じがあること」を意味する表現なのです。

  • 「婉曲的」の読み方

「婉曲的」の読み方

「婉曲的」の読み方は、「えんきょくてき」になります。



「婉曲的」の表現の使い方

「婉曲的」の表現の使い方は、「相手に対して露骨に言う(直接的に言う)のではなく、遠まわしに言う場合」に使うという使い方になります。

例えば、「私は人に強い口調で反論されるのが怖いので、いつも婉曲的な物の言い方しかできないのです」といった文章で、使用することができます。

「婉曲的」を使った例文と意味を解釈

「婉曲的」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「婉曲的」を使った例文1
  • 「婉曲的」を使った例文2

「婉曲的」を使った例文1

「人に気を使ってばかりいる彼女はいつも婉曲的な発言しかしないので、何を言いたいのかがはっきり分からないことも多いのです」

この「婉曲的」を使った例文は、「人に気を使ってばかりいる彼女は、いつも露骨に言わず遠まわしに表現する発言しかしないので、何を言いたいのかがはっきり分からないことも多い」ということを意味しています。

「婉曲的」を使った例文2

「婉曲的で難解な表現手法ばかりを駆使することは、作家にとって長所というよりも短所になりやすいのです」

この「婉曲的」を使った例文は、「(直接的な表現が少なくて)遠まわしで回りくどく難解な表現手法ばかりを駆使することは、作家にとって長所というよりも短所になりやすい」ということを意味しています。



「婉曲的」の類語や類義語

「婉曲的」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「遠まわし・回りくどい」
  • 「間接的・遠慮がち」

「遠まわし・回りくどい」

「婉曲的」という表現は、「(相手に気を使って)露骨に言わずに、遠まわしに回りくどく表現すること」を意味しています。

その意味合いから、「婉曲的」とほとんど同じ意味を持つ類義語(シソーラス)として、「遠まわし・回りくどい」という表現を上げることができるのです。

「間接的・遠慮がち」

「婉曲的」という言葉は、「直接的(露骨)ではなく間接的に表現すること」「ストレートに物を言わずに遠慮がちに回りくどく言うこと」を意味しています。

それらの意味合いから、「婉曲的」と近しい似た意味を持つ類語として、「間接的・遠慮がち」という言葉が指摘されます。

icon まとめ

「婉曲的」という言葉について解説しましたが、「婉曲的」には「直接的ではなく遠まわしに言うさま、そういった遠まわしにいう感じがあること」などの意味があります。

「婉曲的」の類語(シソーラス)・類義語としては、「遠まわし・回りくどい」「間接的・遠慮がち」などがあります。

「婉曲的」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。