意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「余地が無い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「余地が無い」とは、「余裕・ゆとりがないこと」「選択肢がないこと」を意味する言葉です。

「余地が無い」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

余地が無い

Meaning-Book
「余地が無い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「余地が無い」とは?
  • 「余地が無い」の表現の使い方
  • 「余地が無い」を使った例文と意味を解釈
  • 「余地が無い」の類語や類義語


「余地が無い」とは?

「余地が無い」という表現は、「空いている部分がまったくなくて、余裕・ゆとり・スペースがないこと」を意味しています。

「余地」とは、「余っている土地」「物事を更に行える余裕」を意味しています。

また「余地が無い」という言葉は、「他に選択肢がないこと」「選択肢がなくてそうせざるを得ないこと」を意味しています。

  • 「余地が無い」の読み方

「余地が無い」の読み方

「余地が無い」の読み方は、「よちがない」になります。



「余地が無い」の表現の使い方

「余地が無い」の表現の使い方は、「更に物事を行えるだけの余裕・ゆとりがない時」「それ以上の選択肢がない時」に使うという使い方になります。

例えば、「彼の振る舞いには、同情の余地が無いのです」といった文章で使うことができます。

「余地が無い」を使った例文と意味を解釈

「余地が無い」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「余地が無い」を使った例文1
  • 「余地が無い」を使った例文2

「余地が無い」を使った例文1

「否決されたこのプロジェクトについては、再検討の余地が無い」

この例文は、「否決されたこのプロジェクトについては、再検討する余裕・ゆとりがない」ということを意味しています。

「余地が無い」を使った例文2

「回答期限が迫っているため、他に選択の余地が無いのです」

この例文は、「回答期限が迫っているため、他に選択肢(それ以外のことを選択できる余裕)が無い」ということを意味しています。



「余地が無い」の類語や類義語

「余地が無い」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「余裕がない・満杯になっている」
  • 「選択肢がない・そうするしかない」

「余裕がない・満杯になっている」

「余地が無い」の類語・類義語として、「余裕がない・満杯になっている」があります。

「余地が無い」という言葉は、「空いている部分が全くなくて余裕がない状態」「すべて埋まっていて満杯になっていること」を意味しています。

それらの意味合いから、「余地が無い」と近しい似た意味を持つ類義語として、「余裕がない・満杯になっている」を指摘できるのです。

「選択肢がない・そうするしかない」

「余地が無い」の類語・類義語には、「選択肢がない・そうするしかない」があります。

「余地が無い」という表現は、「ある問題状況に対する選択肢が限定的で、そうするしかないということ」を意味しています。

その意味合いから、「余地が無い」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「選択肢がない・そうするしかない」を上げられます。

icon まとめ

「余地が無い」という言葉について解説しましたが、「余地が無い」には「余裕・ゆとりがないこと」「選択肢が限られていること」などの意味があります。

「余地が無い」の類語(シソーラス)・類義語としては、「余裕がない・満杯になっている」「選択肢がない・そうするしかない」などがあります。

「余地が無い」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。